FANDOM


「グレガー、貴様の軍での認識番号はCC-5576-39。階級はキャプテン。クローン・コマンドーと呼ばれるエリート部隊の一員だった」
―ミーバー・ガスコン[出典]

クローン・コマンドー(Clone commando)、別名リパブリック・コマンドー(Republic commando)は共和国グランド・アーミーに仕えたクローン・トルーパーのエリート兵士。賞金稼ぎジャンゴ・フェット遺伝子から生み出されたクローン・コマンドーは、標準的なトルーパーよりも厳しい訓練を積み、しばしば4人組の分隊単位で秘密作戦を遂行した。

歴史

「将軍、5つの特殊コマンドー部隊が指令を待っています」
―ポンズ[出典]

クローン・コマンドーは惑星カミーノで製造・育成され、クローン戦争の初戦であるジオノーシスの戦いに参加した。戦闘中、クローン・コマンダーCT-411(ポンズ)は5つの特殊コマンドー部隊を指揮し、ジェダイ将軍メイス・ウィンドゥに指令を求めた。

惑星デヴァロンイーディット寺院独立星系連合の襲撃を受けた後、ジェダイ最高評議会は現地にクローン・コマンドーのデルタ分隊を派遣し、ジェダイ・マスターハルジーパダワンノックスの死体を回収した。

フォックストロット・グループを率いるクローン・コマンドーのキャプテンCC-5576-39(グレガー)はサーリッシュの戦いに参加した。共和国が分離主義勢力ドロイド軍に大敗した後、グレガーはシャトルに乗って戦場から脱出し、辺境の砂漠惑星アバファーに不時着した。墜落時のショックで記憶を失ったグレガーはサラスタンの料理人ボーカスに拾われ、ポンズ・オーラの街にある食堂パワー・スライダーズで皿洗いとして働くようになった。その後、偶然にもミーバー・ガスコン大佐率いるD分隊がアバファーに流れ着き、記録上はMIA(戦闘中行方不明)扱いとなっていたグレガーを発見した。記憶を取り戻したグレガーはポンズ・オーラにあるライドニウム採鉱施設を破壊し、D分隊がアバファーから脱出する時間を稼ぐため1人戦場に残った。

異形のクローンによって構成されるコマンドー部隊クローン・フォース99、通称“バッド・バッチ”はヤルヴィック・プライムにおける暴動鎮圧任務で活躍した。戦闘中、彼らはアナクセスにいるコマンダー・コーディから次の任務の呼び出しを受けたが、隊員のレッカーヤルヴィック種族女王の針を切り落としたせいで、ヤルヴィックの男たちが彼らと“交配”しようとするトラブルが起きた。バッド・バッチのメンバーは何とか混乱から抜け出し、ガンシップハヴォック・マローダー>でアナクセスへ向かった。その後、バッド・バッチはキャプテン・レックスたちと協力してトレンチ提督の戦略の秘密を探った。

銀河帝国が台頭した後、一部のクローン・コマンドーはストームトルーパー兵団のメンバーとして戦い続けた。

部隊

クローン・フォース99

クローン軍団の製造者であるカミーノアンは、意図的に超戦士をつくり出すためジャンゴ・フェットの遺伝子テンプレートに改変を加える実験を行った。実験のほとんどは失敗に終わったが、4人の被験者から成るクローン・フォース99が結成された。彼らは自ら“バッド・バッチ”と名乗り、遺伝子的変異を強みとして有効に活用し、非正統的な戦術で任務を成功へ導いた。分隊を率いるクローン・サージェント・“ハンター”は強健かつストイックな性格で、大半の兵士より優れた戦闘の才能を備えていた。“レッカー”は驚異的な腕力に恵まれていたが、短気な一面があった。“クロスヘア”は冗談の通じない狙撃手で、標準的なクローンたちと行動を共にすることを嫌った。“テック”には肉体的長所がなかったが、戦略の才に恵まれ、技術面で誰にも引けを取らなかった。彼らは実験的ユニットであるにも関わらず、極めて大きな戦果を挙げていた。

デルタ分隊

DS Sev

“セヴ”

デルタ分隊は4名の隊員(“ボス”、“フィクサー”、“スコーチ”、“セヴ”)によって構成されるリパブリック・コマンドー分隊である。彼らは惑星デヴァロンの調査任務へ派遣され、ジェダイ将軍とパダワンの死体をコルサントへ持ち帰った。

フォックストロット・グループ

フォックストロット・グループは第212突撃大隊に属すエリート分隊で、キャプテン・グレガーが指揮官を務めた。フォックストロット・グループは共和国の戦史上最大の負け戦とも言われるサーリッシュの戦いで戦闘中行方不明となった。

登場エピソード

参考資料

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第224師団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - ISPスピーダー - RX-200 - SPHA-T - LAAT/i - LAAT/c
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]
他言語版