FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「クローンは創造的に考えることができます。その優秀さはドロイドとは比べ物になりません」
ラマ・スー[出典]
Kamino Facility

カミーノのクローン施設

クローニング(Cloning)は生き物の生物学的なレプリカを製造するプロセスである。クローンはオリジナルと遺伝子的に同一だが、意図的な遺伝子操作によって特異性が与えられていることがあった。例えば、クローンは通常の2倍の速さで成長するよう設定することが可能だった。クローンの遺伝子は、命令に従順に従うように書き換えることもできた。

歴史

惑星カミーノ出身のカミーノアンは、先進的なクローン技術で知られていた。カミーノアンはジェダイ・マスターサイフォ=ディアスの発注を受けて人間のクローンから成るクローン軍を製造したが、銀河元老院ジェダイ最高評議会はその事実を知らなかった。[1] 完成したクローン・トルーパー銀河共和国の兵士として独立星系連合との紛争に参加した。彼らにちなんで、この紛争はクローン戦争と呼ばれた。[2]

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。