FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

クローダイト[1](Clawdite)は、惑星ゾラン出身のヒューマノイド知覚種族である。彼らは銀河系シェイプ=シフター(変身種族)の一種であり、チェンジリング(Changelings)などとも呼ばれることがあった。

生態と特徴

クローダイトはシェイプ・シフター、すなわち身体形成を意識的に変える事が出来る種族、変身可能な種族である。銀河系で確認されているのは11種類のみだ。クローダイトの身体形成を変化させる能力は、彼等の母星ゾランに起こった不幸な災害によりもたらされた。

クローダイト種の全てが完全なる変身能力を持つわけではない。むしろほとんどが肌の色や質感を変える程度の能力しか持ち合わせていない。その中でごく少数の者に限って、外形を完全に変え、見分けが付かなくなるほど完全に変身することが出来る能力を持ち合わせている。しかし、外見からはわからないが、変身の際には全身に痛みを伴い、非常な集中力を要する。クローダイトという種族には謎が多く、噂ばかりが先行している。変身する際に相手の体に触れる姿が目撃されているが、それがどういう意味を持つのか、また、必須の物なのかも不明である。しかし、時間と共に変身を解いて元のクローダイトの姿に戻らねばならない事だけは確かである。

クローダイトには肌の色を変化させる力が備わっている。その中で肌の質感を変化させることが出来る者や、稀に体型自体を変化させることが出来る者もいる。しかし、技術と集中力に優れ、異様と言えるほどの自己鍛錬の結果、抜きん出た能力を持つようになった者でなければ、長時間その姿を装い続ける事は出来ない。また、変身に伴う痛みや不快感も大きい。肌が裂けて傷まぬよう、オイルや軟膏を使用しなければならないのが普通である。ただ、特に抜きん出たクローダイトの中には比較的早く姿を変え、休息中でもその姿を保つことが出来る者が存在する。パドメ・アミダラ銀河元老院議員の命を狙ったバウンティー・ハンターザム・ウェセルはその一人である。

歴史

かつて、巨大な隕石が惑星ゾランに衝突し、大災害と惑星中に広まる疫病をもたらした。皮膚は亜細胞まで破壊され、再生した皮膚も紫外線に異常な反応を示し、ひび割れ、血をにじませ、激痛をもたらせるという身の毛もよだつもので、何千もの感染者はサルターという無人大陸に隔離、事実上追放された。ゾランには元々単に肌の色を変えることが出来る者から、極めて限定的であるが擬態を行える者まで、様々なレベルの変身能力を持つ種族がいた。そして、それらは活発か不活発かの違いはあるにせよ、共通の遺伝子からなされていると考えられていた。

サルターにおいて科学者達は、病気の根源的治療を目指し、遺伝子療法の人体実験を行った。病気を治し被害者を救うためであるが、患者達に施された遺伝子療法はいつしか過激な一線を踏み越えていた。中には回復の兆しを見せ始める者も現れ始め、遺伝子治療が過激になっていくことなど見過ごされがちになっていった。回復した患者の中に、皮膚の色を簡単に変えられるようになって驚いた者もいた。変身能力の遺伝子が活発化したのであろう。また、皮膚の質感を変えることが出来る様になっている者もいた。皮膚の色は意志の力で簡単に変えることが出来た。それは少々の不快感が伴う程度だったが、皮膚の質感を変えるにはある程度の不快感を伴うとの事である。

治療を受けたゾランダーがサルターを出て元の社会に戻ろうとしたとき、その問題は表面化した。罹患者は哀れみの目を持って見られていたが、いつしか疑いの目で見られていた。真の顔を見せない、信頼することが出来ない者との迫害を受け、スキン・チェンジャー(皮膚を変化させる者)の名のもと最下級市民、追放者として何世紀もの間孤立する事になる。サルターに追放された者達はやがて自分たちの能力を開花させ、独自の方言から語学大系を作り上げ、原語、文化の異なった独自の種族社会を作り上げた。自分たちをクローダイトと名乗った一派は、ゾランダーとは完全に分離したのである。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。