FANDOM


「シャドウスポーン卿はランドの魔術師の下で学んだ。もしもミンドアでおれに戦いを挑んでいなければ、彼は創設されたばかりの新共和国を崩壊させることができたにちがいない」
ルーク・スカイウォーカー[出典]

クロナル(Cronal)は人間男性で、ブラックホール(Blackhole)のコード・ネームで知られた帝国情報部部長。元ダークサイドの預言者で、晩年はペレク(Perek)という名前を名乗った。ヤヴィンの戦い以降、クロナルは反乱同盟を殲滅するため、シス卿ダース・ヴェイダーと協力していた。とりわけ預言に長けていたクロナルは、皇帝パルパティーンに勧誘され、預言者を抜け銀河帝国へと加わった。ダークサイドの瞑想に身を投じていたクロナルは、しだいに肉体が衰えていき、内向的で誇大妄想的な性格となっていった。パルパティーンの“怪物創造者”として知られたクロナルは、数種類のシススポーンや、シス錬金術の装置などを生み出した。クロナルは時が経つにつれて、よりいっそう内側に閉じこもるようになり、次第にダークサイドに囚われて狂気に見舞われるようになった。

銀河内戦中に追放されていたクロナルだったが、やがて軍将として復帰し、シャドウスポーン[1]Shadowspawn)の名を名乗った。皇帝のロイヤル・ガードの幹部たちと、シャドウ・ストームトルーパーの部隊を引き連れたシャドウスポーンは、新共和国の領有惑星を襲撃して荒廃させた。シャドウスポーンと彼の率いる帝国の分派は、海賊行為やテロリズム、大量殺戮などを働き、と荒廃の道を切り開いていった。インナー・リムを征服したシャドウスポーンは、惑星ミンドアに作戦基地を置いた。シャドウスポーンの脅威を受けて新共和国は、新たに将軍に就いたばかりのルーク・スカイウォーカーを派遣する。ここから多くの命が失われることとなる一連の戦いが始まった。スカイウォーカーを上手くミンドアへとおびき寄せたシャドウスポーンだったが、彼はその後の戦いで敗北し、命を落とした。しかし彼はフォースの秘技を用いて甦り、その後は復活した皇帝パルパティーンに仕えた。

経歴

「部隊を率いてミンドアの戦場に赴いたスカイウォーカーは、隠れていた帝国の抵抗組織を見つけ出した。シャドウスポーン卿の指揮するストームトルーパーは最後のひとりまで戦い、スカイウォーカーはそこで流された血と不必要に失われた生命に愕然とした」
新共和国の歴史文書より[出典]
Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品

  • Gambler's World (初登場)
  • Gal-icon スター・ウォーズ ギャラクシーズ (言及のみ)
  • SWGTCGsmall Star Wars Galaxies Trading Card GameAgents of Deception
  • SWGTCGsmall Star Wars Galaxies Trading Card GameThe Nightsister's Revenge (言及のみ)
  • WEG icon2 "The Monster Maker"—Star Wars Gamemaster Screen
  • Luke Skywalker and the Shadows of Mindor
  • "Collapsing New Empires"—Star Wars Tales 19 (後付設定)
  • 魔都潜入 (遠回しに言及されている可能性がある)

参考資料

脚注

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはクロナルに関する3枚の画像があります。
  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki