FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

クロスガード・ライトセーバー(Crossguard lightsaber)はマラコアの大戦乱の時代に起源を持つ古代のデザインのライトセーバー銀河内戦の終結から数十年後、カイロ・レンは古い設計を参考に自分のクロスガード・ライトセーバーを作成した。

特徴

この種のライトセーバーは主要ブレードに加えてクロスガード・ブレード、あるいは“鍔”(Quillons)と呼ばれる2本の小さな刃が放出された。柄の左右にはエミッター・シュラウド(放出口の覆い)があり、使用者の手を鍔から保護した。ライトセーバー・クリスタルのエネルギーを鍔へと分岐させるため、焦点クリスタル・アクティベーターが使用されていた。

歴史

初期反乱運動の時代、惑星マラコアを訪れたエズラ・ブリッジャーは緑色のブレードのクロスガード・ライトセーバーを発見した。

冷戦の時代、ダークサイドの戦士カイロ・レンはヒビの入ったカイバー・クリスタルを使用した不安定なクロスガード・ライトセーバーを作成した。

登場作品

Malachor crossguard lightsaber

マラコアの戦場跡に残されていたクロスガード・ライトセーバー

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。