FANDOM


「パーギルにとってガスは空気みたいなもので、長旅に備えて大量に吸い溜めしておく必要があったんだ」
エズラ・ブリッジャー[出典]

クロウゾン36(Clouzon-36)は巨大生物パーギルハイパースペースを移動する際の原動力になった青緑色のガス。マイニング・ギルド小惑星帯ガス精製所でクロウゾン36を収集していた。人間ラサットはクロウゾン36を呼吸することができなかったが、ローディアンユーシン種族は可能だった。ヤヴィンの戦いの3前、<ゴースト>のクルーは精製所からクロウゾン36を略奪した。サビーヌ・レンによれば、クロウゾン36の1回の出荷量で<ゴースト>とフェニックス艦隊の1サイクル分の燃料を供給することができた。

登場エピソード

参考資料

他言語版