FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「要請されたインターディクター級は、ディープ・コア特別警戒区のために開発されました。しかし取り急ぎ申し上げますと、船の重力井戸発生装置は、この手の状況を想定したテストをまだ行っておりません」
―クレン・ブリスタ=ヴァニー[出典]

クレン・ブリスタ=ヴァニー(Kren Blista-Vanee)は人間男性で、銀河帝国皇帝シーヴ・パルパティーンに仕えた顧問帝国ルーリング・カウンシルのメンバーでもあった。14 BBY当時、ブリスタ=ヴァニーはカウンシルの中では比較的新顔だったが、持ち前のハイパースペース・ルート開拓の才能を活かし、ディープ・コア領域の星系へ抜ける航路を発見するという大きな貢献を果たしていた。

モフウィルハフ・ターキンコルベットキャリオン・スパイク>がバーチ・テラー率いる反乱分子強奪される事件が発生した時、ブリスタ=ヴァニーはマス・アミダアース・ダンガージェイナス・グリージェイタスといった同僚の顧問や、帝国情報部及び帝国保安局の代表者とともに緊急の会議に参加した。皇帝からインターディクター・クルーザーの使用に関する意見を求められたブリスタ=ヴァニーは、その種の軍艦ディープ・コア特別警戒区のために開発されたが、実戦テストは受けていないと答えた。それから10年後の4 ABY、彼は他の顧問と共に皇帝に同伴し、第2デス・スターに乗り込んだ。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。