FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「クリーグ・ラーズ。シミの亭主だ」
―クリーグ・ラーズ[出典]

クリーグ・ラーズ(Cliegg Lars)は人間男性で、惑星タトゥイーン水分農夫。最初の妻アイカとの間にオーウェンという名の息子をもうけた。クローン戦争以前、前妻を亡くしたクリーグはシミ・スカイウォーカー奴隷の身分から解放して妻に迎えた。クリーグはアナキン・スカイウォーカーの義父で、ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナの義理の祖父にあたる。

クローン戦争が勃発する直前、シミはタスケン・レイダーによって誘拐されてしまった。クリーグは水分農夫の仲間と共に妻の救出を試みたが失敗し、タスケン・レイダーとの戦いで右脚を失った。間もなく、フォースヴィジョンで母の危険を察知したアナキン・スカイウォーカーがラーズ農場を訪れ、義理の家族たちと対面した。アナキンはタスケンのキャンプに1人で向かい、シミを発見したが、彼女は息子と再会した直後に息を引き取った。シミの亡骸は農場の近くに埋葬され、クリーグは妻に別れの言葉を告げた。

経歴

「相手は水分農夫の、たしかラーズとかいうやつだった。そいつはシミを自由の身にして嫁にしたそうだ。ぶったまげた話じゃねえか」
アナキン・スカイウォーカーに対し、ワトー[出典]

クリーグ・ラーズはアウター・リム・テリトリー惑星タトゥイーン水分農場を営んでいた。彼は自ら建築に携わったアンカーヘッド付近にある一族農場で生活した。彼は最初の妻アイカとのあいだにオーウェンという名の息子をもうけた。アイカが死んだ後、クリーグはオーウェンとそのガールフレンド、ベルー・ホワイトサンの3人で生活を送った。

クローン戦争の数年前、クリーグはモス・エスパ宇宙港へ旅し、トイダリアンのジャンク屋ワトーが所有する奴隷シミ・スカイウォーカーと出会った。彼はシミをワトーから買い取って自由の身にし、妻としてラーズ家に迎えた。2人は数年間にわたってラーズ家で共に生活したが、シミはジオノーシスの戦いの直前にタスケン・レイダーによって誘拐されてしまった。怒ったクリーグは数十人の水分農夫を集めて妻の救出を試みた。しかし、30人の農民のうち、戻って来たのはわずか4人だけだった。クリーグは生きて帰ったが、サンド・ピープルとの戦いで右脚を失った。

シミが誘拐されてから1か月後、フォースヴィジョンで実母の危険を知ったジェダイパダワンアナキン・スカイウォーカーが、パドメ・アミダラを連れてラーズ農場にやってきた。アナキンは義理の家族であるラーズ家のメンバーと初めて対面し、クリーグから母親の身に起きたことを知らされた。クリーグはシミのことを諦めていたが、アナキンは1人でタスケンのキャンプに乗り込み、拷問を受けて死にかけていた母親を発見した。シミは息子と再会した直後に息を引き取り、その亡骸はラーズ農場へ運ばれ、住居の近くに埋葬された。クリーグ達と一緒にシミを弔った後、アナキンとパドメはタトゥイーンから去っていった。

この出来事の後、クリーグ・ラーズは他界した。彼の水分農場は息子オーウェンとその妻となったベルーに受け継がれた。

個性と特徴

「タスケンは見かけこそ人間のようだが、その実態は狂暴で知性のない怪物だ」
―クリーグ・ラーズ[出典]
ClieggLarsDetail-SWE

右脚を失ったクリーグ・ラーズ

クリーグ・ラーズは人間の男性で、身長は1.83メートルだった。彼は薄茶色の髪を持ち、目は青く、肌は白かった。妻をタスケン・レイダーから救おうとした際に右脚を失い、その後はリパルサーリフト・チェアに乗って生活した。彼は妻を連れ去ったタスケンに強い憎しみを抱いており、彼らを狂暴な怪物と呼んだ。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。