FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

クリックス・メイディン(Crix Madine)は惑星コレリア出身の人間男性で、共和国再建のための同盟新共和国に仕えた将軍である。秘密工作任務を担当する将校だったメイディンは、衛星エンドアにあるシールド発生装置の攻撃作戦を考案し、ハン・ソロ将軍と共に森の月へ派遣される兵士たちを訓練した。

経歴

人間男性、クリックス・メイディンは惑星コレリアに生まれ、銀河帝国の圧制に抵抗するレジスタンス・グループ、共和国再建のための同盟の地上部隊将校になった。彼はやがて将軍に任命され、帝国の機材の強奪や、占領下の惑星への攻撃部隊潜入作戦に携わった。銀河内戦中、メイディン将軍の部下たちは帝国のラムダ級T-4aシャトルタイディリアム>の奪取に成功した。

反乱軍がエンドアの戦いに向けて準備していた頃、メイディン将軍は盗んだシャトルを使って森のエンドアに攻撃チームを運ぶ作戦を立てた。この衛星には、第2デス・スターバトル・ステーションシールド発生装置が設置されていたのである。デス・スターのシールド発生施設を破壊しさえすれば、同盟軍艦隊はこの巨大超兵器を直接攻撃することが出来た。メイディンは、同じく将軍を務めるハン・ソロにこの作戦を遂行するチームを集めるよう依頼した。彼の作戦は成功し、反乱軍はエンドアで大勝利を収めた。

エンドアの戦いの直後、反乱同盟軍は新共和国へと再編成され、メイディンは新共和国軍特殊部隊の指揮を執ることになった。

個性と特徴

クリックス・メイディンは人間の男性で、青い目をしており、身長は1.7メートルだった。彼の髪は赤みがかったブロンドで、エンドアの戦い当時には髭を生やしていた。彼は将校として指揮下の兵士たちをとても重んじていた。メイディンは部下たちが装備を整え、割り当ての危険な任務に対する準備ができているかどうか、常に気を配っていた。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki