FANDOM


「クラースの戦力を考えると、戦争はかなり長期化するだろう。ジェダイが数多く死ぬことになる。そんな犠牲を払って何が得られるというのだ? 敵を数千殺したところで、肝心のクラースは勢力を温存したまま生き延びることだろう」
ウリック・ケル=ドローマ[出典]

クラース[1](Krath)は3998 BBYアリーマサタール・キートが設立した、エンプレス・テタ星系を本拠地とするシス・カルト組織。エンプレス・テタの貴族の後継者だったアリーマとサタールは、フォースのダークサイドの知識を利用し、軍事的なクーデターを起こした。これによって、クラース聖戦と呼ばれる紛争が始まる。紛争中、ジェダイ・ナイトウリック・ケル=ドローマがクラースに加わり、サタールを殺して新しい指導者になった。クラースが起こした戦争は、3996 BBYシス大戦勃発に繋がった。

歴史

台頭

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。