Fandom

Wookieepedia

クラウド・シティ

< クラウド・シティ

9,228このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク7 シェアする
正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

クラウド・シティ[1](Cloud City)は惑星ベスピンの空中都市。ティバナ・ガスの採集と輸出が主な産業。執政官によって統治され、ギルド議会エグゼックスと呼ばれる組織が行政を支えた。クラウド・シティの原型はエクレシス・フィグ卿によって400 BBY以前に築かれた。

概要

ベスピンの空と流線型の建築物が調和した驚異的な景色を見るため、クラウド・シティには多くの観光客が訪れる。

観光リストの最初は、惑星ベスピンの名物であるめまぐるしく変わる景色を体験する雲の中である。銀河標準時間で1日を費やすこのコースでは、日の出と日没を2回見ることができ、夕焼けを反射して赤くなった雲の滝の中を通り抜け、遅いランチの前に早い午後のロマンティックな日没を体験できるのである。そして太陽が傾けば、ダンスとゲームに興じる夜を迎えるのだ。

カジノはクラウド・シティのもうひとつの稼ぎ頭である。 銀河帝国に占領される以前は、街全体にギャンブルのホット・スポットが無数にあった。毎年恒例のクラウド・シティ・サバック・トーナメントは、ヤリス・ベスピンの豪華な会場で開催される。ランド・カルリジアンが執政官になる前、サバックによってクラウド・シティを手に入れたのは有名な話である。

歴史

そもそもクラウド・シティの基礎となったのは、風変わりでロマンティックのかけらもない名前の、フィグ・アンド・アソシエイツ・センターとして知られていたものだ。創設者であるエクレシス・フィグは、当初の目的であったティバナ・ガス採取積製用プラットフォームを建設するために安い労働力が必要だと考え、奴隷にされていたエイリアンであるアグノートの3つの種族、アーデン族、ポートラット族、アイシード族を達れてきて、彼らに自由と佳居と永久的な住み分けを、憲章において保証すると申し出た。彼らは同意し、これら種族はクラウド・シティで今日まで住み続けている。

インコム社からのエンジニアたちは、もともとあったB/I型リパルサーリフト・エンジンを改良し、プラットフォーム基礎周辺の3600基あまりを彼らの放射パターンと共通化、惑星ベスピンの電磁フィールドに錨を下ろした。惑星表面の強力な風の中でシティを固定するという問題については、プラットフォーム上に可動性で共振するビルを建てるという解決策が出た。しかし結局、プラットフォームおよびクラウド・シティ全体はもちこたえられなかったので、その代わりとしてクラウド・シティ中心部を通り抜ける「風のトンネル」が追られた。何本もの空路が、シティの外縁の慎重に算出されたポイントまで達なっていた。

内部

クラウド・シティの多くの部屋、会議室、回廊は、非常にきらびやかに鯛光されている。このリゾートの設計懇懇は、本来は閉ざされた瑞境でありながらも、楽しげな幻想を呼ぴ起こすというものだ。 クラウド・シティ全体の出口がコンピューター制御されて開閉するため、風は一方向にしか吹かない。制御され消散させられた風の力は、「風のトンネル」の中で安定員を通して一定方向に進み、シティの頂上から外に出るのだ。

展望

多くの展望窓から、クラウド・シティは目まぐるしく変わる空の隨めを見せつける。特別な娯楽がなくても、この素晴らしさは広く知られており、銀河のあらゆる地域から観光客を巣めていた。建造物には現実離れした雰囲気を醸し出すために、主に白が使われている。クラウド・シティの内部は、光と不思議に満ちた場所だった。多くの塔は街の最上層に建っており、他の壮麗な雰囲気と調和するよう注意深くデザインされていた。そのため、ほとんどの塔は丸く、採取工場の丸い形を反映している。円形のデザインは塔を流線型に見せるので、ベスピンの空に馴染みやすいのだ。そして、塔からは美しい夕陽や霊の形が見え、ベスピンの空を眺めることができた。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki