Fandom

Wookieepedia

クラウス・ヴァンダンガント

9,726このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

クラウス・ヴァンダンガント[1]Klaus Vandangante)はアウトロー・テックの首領。ドク[1]Doc)の名でよく知られた。ハン・ソロが活躍しだすよりも早い時期から、コーポレート・セクターでのアウトロー・テック集団の指揮を執っていた。

経歴

“ドク”・ヴァンダンガントは惑星コルサントカーミラ・ヴァンダンガントの息子として誕生した。カーミらは企業のヴァイスプレックス(副会長)で、未亡人だった彼女は一人息子のクラウスを溺愛していた。だが、クラウスは7歳のときにぜいたくな生活とその恩恵に耐え切れず反抗してしまった。彼は自分の乳母ドロイドに、キブラ・グリーンフラングスステュード・グウォーチのような自分の好みに合わない食べ物を、リビングの花瓶の中に捨てるようプログラムし直した。こうした行いから、クラウスの家庭教師は彼が機械の技術を持っていることを知る。この家庭教師は、すぐに授業をクラウスの技術に見合ったものへと変更したのだった。

学習を終えた後、クラウスはアルクヘロダイン・プロパルション社で設計システム・チームのリーダーというポストに就くことに応じた。しかしすぐに彼は、うわべだけのマーケティングで覆われていた、企業の見掛け倒しの技術に幻滅してしまう。それでも彼はプライドを飲み込み会社に留まり続けていた。だが、アザリア66が些細な事故で爆発した際、アルクへロイド社のスライサーは責任をクラウスに押し付けた。無数の訴訟は何10億クレジットにもなり、ヴァンダンガントの財産を崩壊させた。彼に残っていたのは誹謗中傷だけだった。

クラウスは放浪者になり、最終的にコーポレート・セクターへと行き着いた。彼はこの領域でシャードラという名のアウトロー・テックと出会う。シャードラと彼はすぐに恋に落ちた。そして彼女の仕事はクラウスの天職だった。密輸業者の宇宙船を修理し、コーポレート・セクターでも最速の船のひとつにするのが彼らの仕事だったのだ。彼とシャードラの間にはジェッサ・ヴァンダンガントという娘が出来たが、出産のすぐ後に、シャードラは不運な燃料ダンプの爆発で命を落としてしまった。クラウスは娘を育て上げるのが厄介な問題だと気付くことになるが、ジェッサは自由奔放な女性へと育っていった。そしてハン・ソロのような若い密輸業者の目を引く存在になっていったのである。

その後、コーポレート・セクター・オーソリティはクラウスを捕らえ、オーロンIIIにあるオーソリティのスターズ・エンド刑務所へと収監した。彼の娘ジェッサは、<ミレニアム・ファルコン>をグレードアップする代わりに父親を助けてくれと、ソロに懇願した。ソロはジェッサの望みをかなえ、クラウスはソロとその副船長チューバッカ、そして他の囚人たちに助けられたのである。

彼はビジネスに戻り、ヤヴィンの戦いの数ヵ月後まで働いていた。このとき、サイナバーの情報ネットが視聴者に対しドクが居場所を変えたことを報道したために、彼は再び場所を移さなければならなくなったのだ。ドクの移動後、サーヴェル・タル=オルドラが彼の地位に居座り、ジャガーノート510コンバット・パワー・アーマーの設計を開始した。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 カタカナ表記はミレニアム・ファルコンに基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki