FANDOM


「この星の大気は大変高圧でしてな。空間を乗り物で飛ぶのは不可能です。もし地上に着陸を試みようものなら、船はたちどころに圧しつぶされてしまいます」
リゴッソー少佐[出典]

クォーザイト(Quarzite)はクリスタル洞窟が広がるインナー・リム惑星である。知覚種族ベルーガンケイジが暮らしていた。大気が超高圧だったため、地上を乗り物で移動することができなかった。クローン戦争期、クォーザイトはベルーガンのオチュア・ブランクによって支配され、中立を保っていた。ブランクの軍隊はケイジ・ウォリアーと敵対していた。

特徴

クォーザイトは紫色クリスタル洞窟が広がる小さな惑星である。銀河系インナー・リムに属す。惑星の地上は非常に高圧で、大気圏に入った宇宙船を圧しつぶしてしまうほどだった。クォーザイトは余りにも居住に向いていないことから銀河系コミュニティの勝ち組に加わることができなかったが、悲惨な銀河戦争に巻きこまれなくて済むという利点もあった。クォーザイトの地下に存在する巨大なクリスタル洞窟網は気圧が正常で、生命の存在も可能だった。

クォーザイトの地下にはベルーガンケイジという2つの知覚種族が住んでおり、互いに敵対関係にあった。ベルーガンは洞窟内にサブトラムの交通網をつくり、軌道宇宙ステーションと地下ステーションを長大なターボリフト輸送エリアで繋いでいた。ケイジはベルーガンよりも数が多かったが、銀河共和国末期にクォーザイトを支配していたのはベルーガンだった。ケイジは惑星の固有種族であるミロドンを乗りこなし、移動に利用していた。

歴史

QuarziteCaves-Bounty

クォーザイトの洞窟

クローン戦争中、クォーザイトはベルーガンのオチュア・ブランクによって支配され、中立を保っていた。ブランクは優れた軍隊を指揮し、クリズモー・ソーディ率いるケイジ・ウォリアーと争いを繰り広げていた。戦争中、彼はクリズモーの妹であるプルーマ・ソーディを誘拐し、無理やり花嫁にしようとした。ブランク卿に仕えるリゴッソー少佐はプルーマを無事に主人のもとへ届けるため、6人の賞金稼ぎボバ・フェットデンガーボスクC-21ハイシンガーラッツ・ラジィアサージ・ヴェントレス)を雇い、サブトラムを守らせた。ケイジ・ウォリアーによる襲撃の結果、双方が多くの犠牲者を出し、最後にはヴェントレスがクリズモーを倒したが、彼女はケイジから礼金を受け取ってプルーマを解放し、ブランク卿からも賞金を騙し取った。

登場エピソード

参考資料

他言語版