FANDOM


「この空母による爆撃でどれだけ多くの破壊と死がもたらされたか。軌道上からいなくなるだけでは飽き足らない。我らの力のあかしとして、燃え堕ちる様をライロスの民衆に見せる」
チャム・シンドゥーラ[出典]

クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー(Quasar Fire-Class Cruiser-Carrier)、別名帝国軍軽キャリアー(Imperial light carrier)は銀河帝国スターファイター母艦及び移動作戦基地として利用した巨大スターシップ。三角形の船体の先端部分にブリッジがあり、後方下部がハンガー・ベイになっていた。帝国はこのキャリアーを使い、惑星軌道の封鎖作戦で迅速にスターファイターを展開させた。

歴史

ヤヴィンの戦いの3前、スペクターズチャム・シンドゥーラライロス解放運動は惑星ライロスの上空でクエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアーを1隻盗み、反乱軍に提供した。

盗んだキャリアーはフェニックス中隊旗艦になり、Aウイング・インターセプターが収容された。彼らは船体を新しいに塗り直し、<フェニックス・ネスト>と名付けた。その後、<フェニックス・ネスト>と反乱軍の艦船はカシウス・コンスタンチン提督率いる帝国艦隊の攻撃にさらされた。戦闘中、ヘラ・シンドゥーラ船長の<ゴースト>がクルーザー=キャリアーに帰艦し、ホライズン基地から盗んできた燃料を提供した。その後、逃亡予定地だったヨースト星系に敵の罠があることを知ったヘラとコマンダージュン・サトーは、在庫管理ドロイドAP-5の情報をもとに、惑星アトロンへジャンプした。

フェニックス中隊はその後も<フェニックス・ネスト>を本拠として使用していたが、スローン大提督が反乱者たちを壊滅する為にアトロンを攻撃した際、コマンダー・サトーと2人のクルーが操縦する<フェニックス・ネスト>は、エズラ・ブリッジャーの脱出口を確保する為にインターディクター・クルーザーに特攻攻撃を行った。

登場エピソード

参考資料

帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - 第224帝国軍機甲師団 (スワンプ・トルーパー) - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 艦隊司令部 - 帝国軍スターファイター部隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス小艦隊 - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - 帝国軍衛生兵 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-DT - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - パトロール・ストームトルーパー - マグマ・トルーパー - ミンバン・ストームトルーパー - レンジ・トルーパー
[テンプレート]