FANDOM


Kueller NEGTC2
クェラー
人物の情報
出身

アルメニア

死亡

17 ABY

身体の情報
種族

人間

性別

男性

身長

1.9メートル

髪の色

目の色

年代と政治的な情報
時代

新共和国時代

所属

ニュー・ジェダイ・オーダー

師匠

ルーク・スカイウォーカー

弟子

ブラキス

クェラー[1]Kueller)は本来の名前であるドルフ[1]Dolph)としても知られたフォース感応者の人間男性ルーク・スカイウォーカーヤヴィン4に開いたジェダイ・プラキシウムの生徒のひとりだった。彼の訓練の初期段階で、彼の出身惑星であるアルメニアでは支配的なジェイファー政権による、政府抵抗人物たちの虐殺が行われた。犠牲者の中には、ドルフの両親が含まれていた。両親の死の痛み、そして苦悩はドルフをアカデミーから離れさせ、彼をフォースのダークサイドへと導いた。ドルフは自分の名前をクェラーと変え、アルメニアでジェイファーに対するレジスタンス運動を開始する。ダークサイドの力で彼はジェイファー政権を壊滅させることに成功した。また、同じくスカイウォーカーのもとを去ったジェダイ、ブラキスが彼の仲間に加わった。クェラーはアルメニアの衛星であるピディアメイシュの人々の大半を殺害した。

ジェイファー政権崩壊後、クェラーの復讐の矛先はスカイウォーカーと新共和国へと向けられる。クェラーはブラキスにテルティの工場を任せ、そこで秘密兵器であるドロイドを作らせた。このドロイドはコルサントの議員ホールで元首レイア・オーガナへの爆破テロを実行した。事件後、新共和国の政治は大荒れに荒れた。やがてスカイウォーカーがテルティの調査に来ると、クェラーはXウイングを攻撃し彼を捕らえた。レイアは政治的混乱を元首を辞職することで回避し、スカイウォーカー救出に駆けつけた。クェラーは彼らの前に立ちはだかり、ライトセーバーでスカイウォーカーに挑む。だが、フォースを無効にするイサラミリによって、クェラーの力は消されてしまった。彼は怒りに駆られてテルティのドロイドの自爆スイッチを押したが、C-3POR2-D2の活躍でこれもまた無効となった。クェラーはレイア・オーガナのブラスターで頭を打ちぬかれ、あっけなく命を落とす。

脚注

  1. 1.0 1.1 カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki