FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
類似した名称の記事はヴォスを参照

クインラン・ヴォス(Quinlan Vos)は人間キファーの混血で、銀河共和国末期に活躍したジェダイ・マスター惑星キフーに生まれ、ジェダイ・オーダーに加わった。ルールに縛られない変わり者として知られ、辛辣なユーモアの持ち主だった。ヴォスは特異なフォース能力を備えており、物体に触れることで、以前にそれに触れた人物の記憶を読み取ることができた。ヴォスはこの能力を追跡に役立て、銀河系の裏社会のメンバーと接触する任務を引き受けることが多かった。彼はそうした任務の途中でフォース感応力を備えたトワイレックアイラ・セキュラと出会い、彼女をパダワンにとった。ナブー危機のさなか、ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンが惑星タトゥイーンモス・エスパ宇宙港アナキン・スカイウォーカー少年と出会った時、ヴォスも秘密任務でこの街を訪れていた。

クローン戦争中、ヴォスは銀河共和国の首都惑星コルサントにある刑務所から脱獄したズィロ・ザ・ハットを捜索するため、ジェダイ・マスター・オビ=ワン・ケノービとコンビを組んだ。ヴォスはズィロを解放したのは賞金稼ぎキャド・ベインだと推理し、ハット大評議会本部がある惑星ナル・ハッタを訪れた。ハットは脱獄事件への関与を否定したが、ヴォスはズィロがナル・ハッタにいることをフォース能力で感知し、ケノービと共に惑星テスまで追跡を続けた。2人が駆け付けた時、ズィロは既に口封じのため殺されていた。手を下したのはジャバに雇われた暗殺者サイ・スヌートルズだったが、ヴォスとケノービはズィロの死体の前でキャド・ベインと鉢合わせ、激しい対決を繰り広げることになった。

その後、ヴォスはジェダイ・マスターの称号を与えられた。彼は独立星系連合を率いるシス卿ドゥークー伯爵を暗殺するため、伯爵に見捨てられたダークサイドの戦士アサージ・ヴェントレスと手を組むことになった。しかし暗殺計画は失敗に終わり、ヴォスはドゥークーのマスターであるダース・シディアスの正体を突き止めようと必死になりダークサイドに引き込まれてしまった。しかし、彼はヴェントレスへの愛情のおかげでフォースのライトサイドに帰還することができた。クローン戦争終盤、ヴォスは惑星ボズ・ピティ共和国グランド・アーミーを指揮した。

登場作品

参考資料