FANDOM


ギャヴィン・ボケー[1](Gavin Bocquet)は『ジェダイの帰還』からスター・ウォーズ作品での仕事を開始したプロダクション・デザイナー。新三部作製作で活動。

経歴

スター・ウォーズ以外の作品ではテレビ・シリーズ『Yellowthread Street』や『KAFKA 迷宮の悪夢』などのデザインを手がけた。また、『インディ・ジョーンズ 若き日の大冒険』のプロダクション・チームの一員であり、その後もジョージ・ルーカス製作の『笑撃放送!ラジオ殺人事件』にも携わった。デイヴィッド・タッターソルを含む8人の『インディ・ジョーンズ 若き日の大冒険』製作仲間とロケ・トラックにいたとき、彼らはリック・マッカラムから新作のスター・ウォーズの話を聞く。その後ボケーは『ファントム・メナス』のセット舞台を考える仕事を依頼された。

ボケーはオータ・グンガナブーの街などのデザインに関わっている。

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki