FANDOM


この記事は種族を扱っています。 あなたが探しているのは彼らの母星かもしれません。

ギャンド(Gand)は同名の惑星出身の昆虫型知覚種族である。彼らは普段アンモニア大気の中で生活したため、酸素が豊富な星を訪れた際には呼吸マスクを身に着ける必要があった。この種族の有名人として、銀河内戦期に活躍した賞金稼ぎザッカスが挙げられる。彼は惑星ギャンドを出た最初の“捜索者”のひとりである。

生態と特徴

ギャンドは茶色い皮膚を持つインセクトイド(昆虫型)知覚種族で、頭部に大きな銀色の複眼の目を備えていた。彼らはずんぐりとした体格で、手の指は3本だった。故郷惑星ギャンド大気アンモニアから成っていたため、ギャンドは酸素が豊富な場所を訪れる際にはアンモニアを呼吸するためのマスクを口に装着しなければならなかった。

社会と文化

ギャンドのあいだには“捜索者”と呼ばれる伝統的なグループが存在した。彼らの神秘的な人探しの術は何世紀にもわたる長い歴史を持っていた。捜索者が故郷の惑星ギャンドを去ることはめったになかったが、賞金稼ぎザッカスはこの慣習を破り、母星を出た最初の捜索者の1人となった。

銀河系におけるギャンド

彼らはもともと同名惑星に起源を持っていたが、中には故郷を離れ、銀河系社会で生計を立てる者もいた。銀河内戦期、“密輸業者”として名高いナー・シャッダにはギャンドの住民がいた。また、オルデラニアンの難民と銀河帝国のあいだに戦いが起きた時、オルダー=エスピリオンの宇宙船<エスピリオン・マルチ>にギャンドのクルーが乗り込んでいた。また、ギャンドの捜索者だったザッカスもこの時代に賞金稼ぎとして活躍した。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。