FANDOM


ギャレン・マレック(Galen Marek)はスターキラー(Starkiller)というコードネームで知られた人間男性で、シス卿ダース・ヴェイダー弟子銀河帝国の時代を生きた強力なフォース=センシティブだったマレックは、クローン戦争中にジェダイ・オーダーを離れたジェダイの男女、マリーケントー・マレックの息子として、ウーキー母星キャッシークに生まれた。マリーの死後、ケントーはヴェイダーに殺された。シスの暗黒卿は、フォースとの強い繋がりを持つジェダイの孤児を自らの目的のために訓練することに決めた。

マレックはシス・オーダーの教義に則った訓練を受けた。シスは同時期にふたりまでしか存在してはならないというがあり、ヴェイダーは皇帝パルパティーンとして銀河系を統治するシス卿ダース・シディアスに師事していたにも関わらず、自らもマレックを弟子にとっていた。ヴェイダーの容赦ない訓練による身体的および精神的トラウマによって、マレックは深くダークサイドに没入した。幼い頃の記憶が抑圧されていたマレックは、暗黒卿の弟子であるということだけを理解し、本来の自分が何者であるかを忘れていた。彼はシスの暗殺者“スターキラー”としてダース・ヴェイダーの敵対者を始末する生きた武器として利用された。

参考資料