FANDOM


ギャリス・シュライク[1]Garris Shrike)はハン・ソロを育てた人間の男性。若い頃はバウンティ・ハンターだったシュライクだが、短気な性格が災いして生け捕りの賞金を得ることができなかった。そのかわり彼は犯罪者へと転向し、惑星コレリアの軌道にあった廃棄されていた軍隊輸送船、<トレーダーズ・ラック>を本拠地にし、信用詐欺や窃盗に使うために孤児のグループを集めた。彼の命令で犯罪を行った孤児のうちのひとりが、ハン・ソロである。両親がいなかったソロを救ったシュライクは彼を育てて訓練し、この子供に腹を立てるたびに彼を殴りつけていた。

10 BBY、ギャリスの弟ララドが怪我を負ったためシュライクがデュランナマピアを殺害したとき、ソロは<トレーダーズ・ラック>から逃げ出した。デュランナマピアはウーキーの料理人で、ソロが母親のように慕っていた存在だったのだ。その後、ソロがハットのために密輸業者として働き、多くの報酬を手に入れていくと、シュライクは彼を探し出そうとした。シュライクは惑星コルサントでソロに追いついて彼を捕まえたが、彼がソロと口論をした後、ソロの首にかかっていた賞金を狙う競争相手のバウンティ・ハンターがシュライクを射殺する。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki