FANDOM


ギャズド・ウールコブ(Gazdo Woolcob)は反乱同盟軍スターファイター部隊に所属したパイロットである。

経歴

0 BBY当時、ギャズド・ウールコブはYウイングによって構成されるゴールド中隊コールサイン・“ゴールド7”を務めていた。この年、ウールコブはゴールド・リーダージョン・ヴァンダーの指揮のもとスカリフの戦いに参加した。[2]

ウールコブはデス・スター設計図をめぐる激戦を生き延び、衛星ヤヴィン4ベース・ワンに帰還した。間もなくベース・ワンが銀河帝国に発見されると、ウールコブは再びゴールド7としてヤヴィンの戦いに出撃したが、デス・スターの砲台によって撃墜された。[1]

ヤヴィンの戦い時点でのウールコブの戦績は、飛行時間4,816時間、撃墜確認数4機だった。[1]

装備

他の反乱軍パイロットと同様、ギャズド・ウールコブもコーンセイヤー・マニュファクチャリング社K-22995ヘルメットを身に着けていた。ウールコブのヘルメットは灰色をベースに赤と黄色の塗装が施され、バイザーの上に赤い反乱同盟スターバード模様がマーキングされていた。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注