FANDOM


ギディーン・ダヌー[1](Giddean Danu)はクローン戦争中の銀河共和国元老院議員クワット出身の人間男性。彼はクワット家の代表であり、クワット・ドライブ・ヤード社の重役であるオナーラ・クワットによってその地位を任命された。

経歴

厳格でユーモアの通じないギディーン・ダヌーは、最高議長パルパティーンが非常事大権を手にするのに反対した元老院議員のひとりである。この行為によって、ダヌーはクローン戦争中にクワットの造船所で利益を上げていた人々と対立関係になってしまった。ダヌーはどんどん進んでいった軍国主義化に反対し続け、オナーラ・クワットクワッティの有権者たちのひんしゅくを買い、彼らから2回オフィスからのリコールを突き付けられている。

ダヌーはジェダイと非常によい関係を持っており、彼らのオーダーを大いに尊敬していた。彼はベイル・プレスター・オーガナモン・モスマによって導かれた、反乱同盟軍の先駆けとなった議員たちのひとりである。オーガナとモスマのリードに従い、彼は2000人の請願書にサインした。だが、オーガナたちがパルパティーンに陳情しに行きあえなく拒否されたとき、ダヌーは彼らに同伴していなかった。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki