FANDOM


ギアル・ガーン(Gial Gahan)はモン・カラマリ男性であり、銀河連合自由同盟のメンバーである。彼は130 ABYまで銀河同盟元老院ダック代表の元老院議員を務め、三頭政治の一員となった。シス=帝国戦争の責任がジェダイにあると主張した三頭政治の一員ヌー・トリーナとは違い、ガーンはニュー・ジェダイ・オーダーの忠実な支持者だった。ガーンは帝国がダックを攻撃したさい、ダース・クレイトに殺害された。

経歴

カーマスの戦いにおいて銀河同盟が降伏した後、ガーンは帝国によって占領され、クオレンによって支配されていたモン・カラマリの故郷ダックへと引退した。ここで彼はひそかに、ガー・スタージ提督銀河同盟残存勢力に予備の部品やバクタ、その他の軍需品を供給していた。ローグ中隊のメンバーでスタージの仲間の一人だったモニア・ガーンは、彼の姪である。

彼はスタージのアドバンスト・スター・デストロイヤーインペリアス>拿捕計画に加担したひとりだった。彼は惑星防衛システムを不能にした後ドルー・ヴァランの兵士たちによって逮捕された。しかし、これはモニアがステーションのコンピューターをハッキングし帝国の宇宙船を狙うよう再プログラムするための陽動だった。ガー・スタージは<インペリアス>を盗み出すことに成功する。

DeathofGialGahan

ダース・クレイトに殺されるガーン

シスの暗黒卿ダース・クレイトは、<インペリアス>が盗み出されたことと、ケイド・スカイウォーカーが逃げ去ったことの両方に怒っていた。彼は惑星ダックに到着すると、モン・カラマリ評議会のもとへと赴いた。そこで、クレイトは評議会とホロネットに対し、モン・カラマリの人口の10分の1を粛清すると宣言した。彼はモン・カラマリ評議会全体の、カラマリと彼に反対するクオレンを虐殺した。ガーンは怒りを露わに、これは大虐殺だとクレイトに講義したが、この暗黒卿はそれを認め、自らガーンを殺害した。

制作の舞台裏

このキャラクターが登場する作品はいずれも邦訳されていない。

登場作品

  • Star Wars Legacy 20: Indomitable, Part 1 (初登場)
  • Star Wars Legacy 22: The Wrath of the Dragon
  • Star Wars Legacy 24: Loyalties, Part 2 (言及のみ)
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki