FANDOM


「本当のあなたを知っているのは私だけよ」
ハン・ソロに対し、キーラ[出典]

キーラ(Qi'ra)は惑星コレリア出身の人間女性で、犯罪シンジケート・クリムゾン・ドーンに所属した犯罪者である。コレリアに住んでいた頃、キーラはレディプロキシマ率いる犯罪集団ホワイト・ワームズに所属し、同年代の青年ハンと親しかった。[1] 彼女は“スクラムラット”と呼ばれる孤児たちのあいだで頭角を現し、18歳の時には既にプロキシマからヘッドの地位を与えられていた。[2] 13 BBY、彼女はプロキシマから一目置かれていたにも関わらずハンと一緒に逃亡を企てた。しかしキーラはコロネット宇宙港のゲートを通過する直前に捕まってしまい、ハンだけが自由を手に入れた。キーラはプロキシマのもとへ連れ戻されたが、やがてクリムゾン・ドーンの指導者ドライデン・ヴォスの目に留まり、危険な状況から助け出される代わりに、組織への忠誠を誓うことになる。[1] キーラは以前よりも大規模な犯罪シンジケートで戦略的才能を発揮し、危険なビジネスを次々と成功させてヴォスが最も信頼を置く右腕の地位にまで上り詰めた。[2] また、彼女はヴォスによってテラス・カシの武術を仕込まれた。[1]

10 BBYトバイアス・ベケットクルーの一員になっていたハンがヴォスのヨットファースト・ライト>を訪れ、キーラと再会した。キーラはヴォスの仕事をしくじって苦境に立たされていた彼らに助け舟を出し、惑星ケッセルにおける未精製コアクシウム強奪計画を実行することになった。キーラとベケット、ハン、チューバッカYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>の所有者であるランド・カルリジアンドロイドL3-37を味方につけ、パイク・シンジケートが取り仕切っている鉱山へ赴いた。彼女たちはL3を失ったもののコアクシウムを手に入れて鉱山から脱出し、ハンの巧みな操縦でケッセル・ランを記録的な短さで飛び抜いた。しかしサヴァリーンビス精製所に到着したあと、エンフィス・ネスト率いるクラウド=ライダーズがキーラたちを包囲し、反乱運動の大義のためにコアクシウムを差し出すよう迫った。ハンとキーラはネストを助けることに決め、ベケットの裏切りまで想定した作戦を立ててヴォスを出し抜いた。キーラは自らの手でヴォスを殺し、ベケットを追いかけていくハンにすぐに後を追うと約束して別れた。しかしキーラは自分が生き延びるために最善の選択肢を選び、1人になった後、クリムゾン・ドーンの真の指導者であるモールに連絡を取った。彼女はモールの指示通り<ファースト・ライト>の針路をダソミアに取り、ハンやチューバッカを残してサヴァリーンを後にした。[1]

制作の舞台裏

キーラはスター・ウォーズ アンソロジー・シリーズ第2弾『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。女優はエミリア・クラーク。クラークのキャスティングは2016年11月18日に初めて告知された。また、役名は共演予定者であったマイケル・ケネス・ウィリアムズの口からVanity Fair誌のインタビューで明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注