FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

キンタン[1](Kintan)は爬虫類型種族ニクトの出身惑星。超新星の爆発を所属星系付近で経験したあと、ニクトは5つの亜種に分かれていた。キンタンはアクフレン・スパー上に位置し、シクラータ星団の中にあった。

ハットたちのペットとして銀河系全域でその姿を見ることができたキンタン・ストライダーもまた、この惑星に起源を持つ。しかし、彼らは故郷であるキンタンにおいては絶滅した種であった。

歴史

26,000 BBY、惑星キンタンでムドウェッシューのカルトが形成された。この過激なカルト組織は、近隣の超新星ムドウェッシューを崇拝していた。そして25,130 BBYごろ、カルトは権力を手にし、惑星は4度の内戦に陥ることになる。およそ25,100 BBYヴォントア条約の条件のもと、ニクトたちは永遠にハット族に隷属することになる。ムドウェッシューのカルトは、1,000 BBYごろにハットを惑星外に追いやることに成功する。そしてキンタンはクローン戦争の少なくとも20年前には銀河共和国に加わっており、銀河元老院で直接の代表議員を持つようになった。カルトの暴力事件の新しい傾向が22 BBYごろに生まれ、これはサイザー・ランでの移動に危険な影響を与えた。

BurningMoonRangeAndFireRiverKintan

火の川

他のニクトよりエリートで、独立した存在だというモーグカイの戦士たちの伝統もこの惑星が発祥である。30 BBY、追放されたトワイレックカリス・フェンが、惑星キンタンのフォートレス・カリスでの居住を始め、屋敷をふたりのモーグカイ戦士、ボックツィアに護衛させた。このモーグカイたとはトワイレックの遺産相続人ナト・セキュラを誘拐して屋敷に連れてきたが、ジェダイによってナトは救われ、ツィアは倒された。19 BBYアウター・リム包囲攻撃中、ボックはサルーカマイで彼のクローンの軍隊とともに命を落としている。

26 ABY、キンタンは銀河系への侵略種族ユージャン・ヴォングの手に落ちた。その中で、ニクトの住民の75パーセントは奴隷にされたか、殺害され、残りの住民たちはキンタンから逃れるか、あるいは惑星の未開の非居住地へと姿を隠した。ユージャン・ヴォング戦争が終わる頃には、人口は徐々にかつての規模へと戻っていった。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『週刊スター・ウォーズ ファクトファイル: 第10号』に基づく。
KintanNEGAS

惑星キンタン

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki