FANDOM


キラヌー(Chiraneau)は人間男性で、銀河内戦中に銀河帝国に仕えた軍人。TIEファイターエースパイロットで、ディープ=スペースにおける通信の分野にも精通していたキラヌーは、ダース・ヴェイダー率いるデス小艦隊指揮官ファーマス・ピエットの推薦で、提督の階級を与えられた。4 ABYエンドアの戦いで、スター・ドレッドノートエグゼクター>に乗り込んだキラヌーは、ピエットの個人的な顧問を務めていた。戦闘中、<エグゼクター>は第2デス・スターに激突して大破してしまい、キラヌーも命を落とした。

経歴

人間男性、キラヌーは、ディープ=スペースにおける通信の分野に精通していた。銀河帝国の軍人としてTIEファイターを操縦したキラヌーは、やがてエースパイロットになった。

ヤヴィンの戦いの後、キラヌーは共和国再建のための同盟との小戦闘に参加した。反乱軍からは、この戦いに少なくともひとりのパイロットが参戦した。戦いに負けたキラヌーは、損傷を負ったTIEファイターで何とか戦場から脱出した。

Chiraneu

キラヌーは第2デス・スターに到着したヴェイダーを迎えた帝国軍将校のひとりだった

やがてキラヌーは、帝国宇宙軍提督の階級を与えられた。彼の昇格を要請したのは、デス小艦隊(通常、シス卿ダース・ヴェイダーの監督下に置かれていた帝国軍の艦隊)の指揮官ファーマス・ピエット提督だった。デス小艦隊の旗艦スター・ドレッドノートエグゼクター>に乗り込んだキラヌーは、ピエット提督の個人的な顧問を担当した。

4 ABY、キラヌーはエンドア星系で建造途上にあった第2デス・スターバトルステーションに乗り込んでいた。シスヴェイダーは、このステーションの完成予定が遅れていることについて、ステーションの司令官であるモフティアン・ジャージャロッドと話し合いをするため、第2デス・スターを訪れた。キラヌーは、他の帝国軍将校たちとともにステーションに到着したヴェイダーを迎え入れた。それから間もなく、キラヌー含む数名の将校は、ヴェイダーに同伴してステーションの主要ドッキング・ベイへと続く通路を進み、デス・スターにやって来た皇帝パルパティーンを歓迎した。反乱軍がデス・スターへの攻撃を開始し、エンドアの戦いが始まった際、キラヌーはピエットの個人的顧問として<エグゼクター>に乗り込んでいた。戦闘中、反乱軍のAウイング・スターファイターが<エグゼクター>のブリッジに激突し、連鎖反応によって制御を失った軍艦は、デス・スターの表面へと墜落した。この巨大スーパー・スター・デストロイヤーが大破した際、キラヌーも命を落とした。

個性と特徴

キラヌーは、ディープ=スペースにおける通信の分野の専門家で、TIEファイターのエース・パイロットだった。ファーマス・ピエット提督の推薦で宇宙軍の提督に昇進したキラヌーは、彼の個人的な顧問として、エンドアの戦いで帝国軍艦隊の旗艦として使われた<エグゼクター>に乗り込んだ。キラヌーのの毛は白髪交じりで、は茶色だった。

制作の舞台裏

Moff Jerjerrod Greets Vader

『ジェダイの帰還』のキラヌーの登場シーンは、『帝国の逆襲』の特別編で再使用された

このキャラクターは1983年の映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で初登場を果たした。作中で、彼は無名の背景キャラクターのひとりに過ぎなかった。このキャラクターの名前と設定は、2000年に発売されたスター・ウォーズ カスタマイザブル カード ゲームの『Death Star II Limited』で紹介され、2008年発売の『The Complete Star Wars Encyclopedia』(未邦訳)では彼がエンドアの戦いで死んだことが明らかにされた。また、ゲーム『スター・ウォーズ ギャラクシーズ』では、“ゲーム・アップデート20”でキラヌーが作品中に追加された。キラヌーはランダムに出現する“エリート・パイロット”のひとりで、反乱軍を操作するプレイヤーは彼と戦うことができる。キラヌーを倒したプレイヤーは、このキャラクターに勝利したというメッセージと、コレクション・アイコンを与えられる。

『ジェダイの帰還』でダース・ヴェイダーが第2デス・スターに到着するシーンは、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の特別編で、ヴェイダーがベスピンから<エグゼクター>に帰艦するシーンとして再使用された。そのため、キラヌーを演じた俳優やその他のエキストラたちは、『帝国の逆襲』でもその姿を見ることができる。

登場作品

ChiraneauSWG

『スター・ウォーズ ギャラクシーズ』版のキラヌー

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。