FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

キャム・ネイル[2](Kam Nale)はイラン・マック[3](Elan Mak)の別名を使用したプロのポッドレーサーパイロットフルグリアンの男性。ネイルのポッドレーサーはKRT 410Cである。

経歴

犯罪シンジケートのボス、ボーズ・ネイル傭兵オルダー・ビードレーザー・ライフルによって殺されたが、ビードはこの殺人のその後の成り行きを考えていなかった。父の死に当惑したボーズの息子キャムが、ビードへの復讐を誓ったのだ。キャムが復讐の機会を得たのはビードがブーンタ・イヴ・クラシックのレースに参加することを知ったときである。イラン・マックという別名を使い、時代遅れの球根型エンジンを持つKRT 410Cポッドレーサーを購入した彼は、父親が自分に残したクレジットをブーンタ・クラシックに参加するために使用したのだった。ほとんどの人は彼のようなポッドレーサーでは完走することが出来ないと考えていたが、一度もポッドレースをしたことが無かったにもかかわらず、キャムは何とか5着にランクインする。だが、ビードを殺害することは出来なかった。

ブーンタ・クラシックで、キャムは新人のバウンティ・ハンターランゴ・テルに狙われる。テルはキャムが父親の犯罪帝国を引き継ぎ運営しないことを確実にするため、ネイルのライバルの犯罪組織の首領によって雇われていた。暗い小道で、キャムは自分を護ってバウンティ・ハンターを殺害する。

自分のパイロットとしての技術に気づいたキャムは、ビード排除という自分の任務も兼ねて、遠くまでポッドレースをしに行くようになった。それまでのレーサーが速くなく、充分な強さを持っていないことが明確になると、キャムは試作型のダンテルR0コネジェットへと乗り換え確固たるレーサーの地位を築いた。彼は通りで無慈悲に喧嘩を吹っかける事で有名になってしまうが、いつもビードを狙っているのは変わりなかった。最終的にオルダー・ビードはファイア・マウンテン・ラリーのレース中にあるバウンティ・ハンターによって打ち落とされ捕まえられている。だが、このハンターとイラン・マックの関係性についての証拠は無い。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 出典:Databank title Elan Mak - Databank
  2. カタカナ表記は『ストーリー・オブ・フォー』付録の人物紹介に基づく。
  3. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター&クリーチャー完全保存版』に基づく。