FANDOM


「きみは非常に賢い男だな、ヴィゴ」
ダース・ヴェイダー[出典]

キャッシュ・ギャルラン[1](Cash Garrulan)はトワイレック男性であり、銀河共和国の末期に惑星マーカナを根城にしていたギャングスターである。犯罪シンジケートのブラック・サンヴィゴだったことがあり、ジェダイ・マスターローン・シュラインの友人だった。クローン大戦が終結した際、ギャルランはオーダー66を生き延びたシュラインが逃げる手助けをしたため、帝国軍に殺害された。

経歴

トワイレックのキャッシュ・ギャルランは、もともとブラック・サンヴィゴだった。彼の活動はジェダイ・オーダーの知るところとなり、ジオノーシスの戦いの何年か前、ジェダイ評議会ジェダイ・マスターローン・シュラインをギャルランのもとへと派遣した。シュラインの任務はギャルランを廃業させることだったが、ふたりは友人になり、ギャルランはジェダイのもっとも信頼できる情報源のひとつとなった。

キャッシュ・ギャルランがどの時点でブラック・サンを脱退したのかは知られていないが、彼はジオノーシスクローン大戦がぼっ発する何年も前から、ドゥークー伯爵の率いるドロイド軍団が膨れ上がっていることをジェダイに報告していた。しかし評議会や銀河元老院は、この事実を真剣に受け止めようとはしなかった。

クローン大戦

ギャルランが本拠地にしていた惑星マーカナクーリヴァーたちの故郷であり、分離主義勢力を支えるコーポレート・アライアンス監督官パッセル・アージェンテの出身地だった。クローン大戦中、ギャルランは戦争を食い物にし、さまざまな商品を扱っていた。彼は密輸業者ジュラが率いる<ドランク・ダンサー>のメンバーや、フリーランスのパイロットブルディ・ゲインらを雇うこともあった。

クローン大戦も終盤の19 BBYマーカナの戦いが起こり、ジェダイやクローン・トルーパーが首都マーカナ・シティを攻撃する。しかし、分離主義者のバトル・ドロイドは停止し、突如としてクローン大戦は終結し、銀河共和国銀河帝国に生まれ変わった。同時にジェダイは反逆者のレッテルを張られ、オーダー66の命令を受けたクローンたちがジェダイを虐殺した。マーカナに派遣されていたジェダイの中には、ギャルランの旧友シュラインがいた。シュラインはオリー・スターストーンとともに攻撃を生き残り、ギャルランの居場所を訪れた。

ギャルランはパイロット・ゲインやジュラ、<デッド・リンガー>のビオトたちを使いふたりを逃がした。彼もマーカナを離れようとしたが、逃げたジェダイを追うシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーが彼のもとを訪れる。ギャルランは嘘をつきとおし、ヴェイダーと別れたが、のちにこのシスはギャルランが仕組んだ罠を見破った。シュラインたちは無事マーカナ星系から逃げ去ったが、ギャルランは帝国から逃れられず、殺されてしまった。

個性と特徴

キャッシュ・ギャルランは太ったトワイレックの男性だった。彼は太鼓腹でレックや腕も太かった。ギャルランはギャングのボスとして、さまざまな種族の部下やドロイドに命令を出していた。彼は惑星マーカナで、ブラスターバイブロブレードなどの兵器類、コムリンクエレクトロバイノキュラーといった機器から、タトゥイーン製の毛織の絨毯まで、さまざまな商品を扱っていた。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『暗黒卿ダース・ヴェイダー』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。