FANDOM


「いつどこで何をするかを自分で決められる贅沢が、誰にも与えられているわけではない。ある日突然反乱軍と出会い、そこで生きる者がいる。私がこの戦いに加わったのは6歳のときだ」
―キャシアン・アンドー[出典]

キャシアン・ジェロン・アンドー(Cassian Jeron Andor)は惑星フェスト出身の人間男性で、反乱同盟情報部に所属した兵士である。情報将校として多くの潜入任務や戦闘を経験し、銀河帝国を倒すという大義のもと、汚れ仕事も躊躇せず引き受けた。0 BBY、彼は“ローグ・ワン分隊の中心メンバーとしてスカリフの戦いに参加し、超兵器デス・スター設計図奪取に貢献する。

26 BBYに生まれたキャシアンは銀河系アウター・リムで育ち、クローン戦争の混乱のさなかに銀河共和国との戦いに巻き込まれた。幼い頃に共和国の軍国化に反対する抗議運動で父親を失った後、彼は分離主義者の後押しを受けた抵抗勢力に加わり、共和国軍に対して妨害活動を行った。帝国の時代が訪れた後も反政府運動に参加していたキャシアンは、デイヴィッツ・ドレイヴン将軍の誘いを受け、当時拡大を遂げつつあった反乱軍に参加する。情報部の優秀な工作員となったキャシアンは、ウィリックス(Willix)、アーク(Aach)、ジョレス・スワード(Joreth Sward)、そしてフルクラムといった偽名を使い分け、冷静な判断と最小限の戦力で任務をやり遂げる姿勢から、仲間たちの尊敬を集めるようになった。また、キャシアンは帝国軍セキュリティ・ドロイドだったK-2SOを再プログラムし、忠実な相棒として生まれ変わらせた。

0 BBY、カフリーンの環の交易地に潜入したキャシアンは、過激反乱分子ソウ・ゲレラの連絡員を務めるティヴィックと接触し、超兵器開発者ゲイレン・アーソのメッセージを携えた帝国のパイロットがソウに拘束されていることを知った。キャシアンはゲイレンの娘であるジンを伴い、ソウの本拠地がある衛星ジェダを訪れたが、彼自身はメッセージの中身を見ることができないまま、超兵器“デス・スター”の攻撃を免れるため星から逃げ出すことになった。イードゥー秘密研究所でゲイレンの最期に立ち会った後、キャシアンたちはヤヴィン4ベース・ワンに帰還し、任務の顛末を報告した。同盟評議会は帝国の新兵器に立ち向かうのは不可能だと判断したが、父親の遺した情報を信じていたジンは、最後まで希望を捨ててはならないと主張した。キャシアンをはじめ、反乱軍のために汚れ仕事をこなしてきた兵士たち、そしてジェダで旅の道連れとなったボーディー・ルックチアルート・イムウェベイズ・マルバスはジンの作戦に志願し、少数精鋭部隊“ローグ・ワン”を結成してヤヴィン4を後にする。帝国安全管理施設のある惑星スカリフで戦闘が始まると、キャシアンはジンと共にデス・スター設計図が保管されてるシタデル・タワーに潜入し、設計図を同盟軍艦隊に送信した。その直後、彼らはデス・スターの攻撃で命を落としたが、後にに反乱軍は奪取された設計図を分析し、ヤヴィンの戦いで超兵器の脅威に終止符を打つ。

制作の舞台裏

ディエゴ・ルナスター・ウォーズ アンソロジー・シリーズの映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でキャシアン・アンドーを演じる。ルナのキャスティングは2015年8月15日に発表された。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。