FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

キフー[1](Kiffu)はインナー・リムの外延部、リマ・トレード・ルート付近に位置した惑星である。より小さなキフェックスとは姉妹惑星だった。楕円の軌道を回転する姉妹惑星同士が接近したとき、キフーの大気圏では激しい雷雨が発生した。キファーたちは、稲妻を利用して電気エネルギーを供給していた。

歴史

Sheyf Tinte on Throne

ドゥークー伯爵と交渉するシェイフ・ティンテ

3,653 BBY以降のある時期、惑星キフーは強制的にシス帝国併合させられた。コルサント協定のために、銀河共和国は多くの惑星を手放さなければならず、キフーもそのひとつだったのである。多くのキファーは共和国領へと逃亡した。彼らの一部は共和国軍に加わって故郷を奪い返す戦いに参加した。冷戦のあと、キフーは銀河共和国に加盟する。331 BBYから22 BBYまでの間、キフーはヴォス氏族シェイフによって統治された。しかしクローン大戦の間に独立星系連合に占領された。

長年にわたり、多くのエネルギー・スパイダーケッセルからキフーに密輸されていた。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki