FANDOM


キウイ・ズークス[1](Qwi Xux)は天才的な頭脳でデス・スターサン・クラッシャーなどの銀河帝国の超兵器開発に携わった科学者。オムワッティ女性

経歴

生い立ち

キウイ・ズークスは10歳のときに惑星オムワットの故郷の村から銀河帝国によってさらわれた。彼女は、彼女と同じように村から引き離されたほかの9人の子供たちと一緒に運ばれる。これはグランドモフウィルハフ・ターキンの命令によるものだった。ターキンはオムワッティの精神には大きな潜在能力が秘められており、適切な操作を行うことでその突出した能力を振るうことができると信じていたのだ。

オムワットの軌道上の宇宙ステーションで、ズークスを含む10人の子供たちが厳しい教育や精神的な課題、そしてテストを受けることになった。ここでは子供たちの誰かがテストに失敗した場合、彼らは軌道上から彼らの村が爆撃されるのを見守らなければならないという、残酷な訓練が行われた。この仕打ちは、当然彼女たちに深刻な心理的影響を及ぼし、その人生観をゆがませてしまう。ズークスも例外ではない。何年か経った後でも、ズークスは問題解決のときに失敗を極度に恐れるようになっていた。だが、ズークスは10人の中でただひとりこの厳しいテストを修了した。

この2年間の監禁生活で、ズークスは歪んだ現実感覚を持つようになっていった。彼女は自分は問題の解決さえをすればよいのであって、彼女がもたらした結果の実践は、彼女の責任ではないと考えていたのだ。彼女の個人訓練は、生物学は無しで済ませ、物理学、工学、数学を学んだ。また、彼女はナスドラ・マグロディ教授からAIの原則を学んだ。

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki