FANDOM


ガー・スタージ(Gar Stazi)はシス=帝国戦争の時代を生きたデュロス提督である。銀河同盟防衛艦隊に属し、銀河同盟コア艦隊の指揮官として活躍した。スタージはシスが勝利を収めたカーマスの戦いにおいて降伏を拒否し、抵抗勢力を率いて戦場を離脱した。彼の決断の結果、銀河同盟の一部はダース・クレイトの銀河帝国との戦いを続けることになった。スタージは、戦いに参加した帝国側の将校たちの間でも伝説的な存在となる。カーマスを脱出したスタージは、銀河同盟残存勢力の指導者となった。スタージは最高司令官として旗艦サイス級バトルクルーザーインドミタブル>から同盟軍を指揮する。シスと戦い続けることができる艦隊を維持するため、 スタージは定期的に軍需品と新人兵を集め、軍隊を強化するために帝国側の重要な軍艦の奪取を試みた。

137 ABY、スタージの艦隊の一部がモン・カラマリの戦いに参加し、大勝利を収めた。スタージの軍勢はこの戦いでインペリアス級スター・デストロイヤーのプロトタイプ、<インペリアス>を手に入れ、さらにモン・カラマリ造船所を無力化して新しい宇宙船の建造を妨害することで、銀河系を支配しようとするシスの試みに打撃を与えた。この勝利に続き、スタージの軍隊はローン・フェルと共同戦線を張ったラルティアでの戦いや、惑星ダックからの大規模な避難活動など、多くの成果を残した。戦争の最終段階において、スタージはダース・クレイトの勢力との最後の戦いに臨み、軍隊を指揮した。シスがコルサントで敗北したあと、スタージは銀河同盟三頭政治のメンバーになった。

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki