FANDOM


ガー・サクソン(Gar Saxon)は惑星マンダロア出身の人間男性で、クローン戦争期にシャドウ・コレクティヴに仕えたマンダロリアン・スーパー・コマンドーである。銀河帝国時代にはマンダロアの総督となり、“皇帝の手”としてインペリアル・スーパー・コマンドーの指揮を執った。サクソンは帝国が故郷のマンダロアをかつてないほど強くしてくれると信じ、帝国の支配を甘んじて受け入れた。

クローン戦争中、ガー・サクソンはプレ・ヴィズラ率いるマンダロリアンの過激派組織、デス・ウォッチに所属していた。デス・ウォッチはシス卿ダース・モールのシャドウ・コレクティヴと手を組み、当時マンダロアを支配していたサティーン・クライズ女公爵新マンダロリアン政権を倒すことに成功する。その後、モールはヴィズラを決闘で破ってデス・ウォッチの首領の座を手に入れ、サクソンたちは“マンダロリアン・スーパー・コマンドー”として新リーダーに仕えることになった。モールがシスの暗黒卿ダース・シディアスによって捕らえられた際、サクソンはローク・カストとともにシディアスを追って惑星スティジョン・プライムへ赴き、スパイア刑務所からモールを救出した。その後、サクソンとデス・ウォッチはザンバー戦いで分離主義者に敗れたが、オード・マンテルでは勝利を収め、サクソンの部隊はドゥークー伯爵を捕虜にとるという活躍を見せた。しかし、今度は銀河共和国ジェダイ・オーダーがコレクティヴの敵対者となり、サクソンたちは小惑星秘密基地ヴィズラ・キープ09からの退却を強いられる。その後、モールがダソミアでシディアスに敗れたことでコレクティヴは崩壊を遂げた。

クローン戦争に終止符が打たれた後、共和国は帝国へと再編され、惑星マンダロアは新国家によって征服された。この時代、サクソンは帝国に忠実なインペリアル・スーパー・コマンドーとなり、帝国政府の代理人としてマンダロアを統治した。サクソンはレン氏族をはじめとするマンダロリアン派閥を服従させていたが、フェン・ラウ率いるジャーニーマン・プロテクターとはライバル関係にあった。2 BBY、サクソンは反乱軍に協力したことを口実に、コンコード・ドーン第3衛星にあるプロテクターのキャンプを襲撃した。プロテクターを壊滅させた後、サクソンはラウやスペクターズ反乱分子のサビーヌ・レンエズラ・ブリッジャーらと戦ったが、辛くも取り逃がしてしまった。同じ年、サクソンはスーパー・コマンドーを率いて惑星クローネストを訪れ、サビーヌの属すレン氏族を処刑しようとした。サクソンはアーサ・レンから手に入れたダークセーバーでサビーヌと一対一の対決に臨んだが、ケイナン・ジャラスのもとでライトセーバーの修行を積んでいた彼女に敗北する。戦いが終わった後、サクソンはサビーヌを卑怯な手で殺そうとしたため、アーサに撃ち殺された。

経歴

クローン戦争

モールの救出

StygeonPrisonEscape

スパイアでモールを救出したサクソン(左)

人間男性、ガー・サクソンはアウター・リム・テリトリー惑星マンダロア出身のマンダロリアン戦士で、デス・ウォッチと呼ばれる過激グループに所属していた。[3] 銀河共和国時代の末期、プレ・ヴィズラによって率いられたデス・ウォッチは、マンダロアの現政権であるサティーン・クライズ女公爵新マンダロリアン派閥と敵対する。クローン戦争中、デス・ウォッチはシス卿ダース・モールシャドウ・コレクティヴと手を結び、新マンダロリアン政権を倒してマンダロアの占領に成功した。その直後、モールは一対一の決闘でヴィズラを殺害し、デス・ウォッチの新リーダーの座を勝ち取った。ボ=カターン・クライズ率いるナイト・アウル一派はモールの部下になることを拒絶して独立したが[8]、サクソンは“マンダロリアン・スーパー・コマンドー”のコマンダーとしてモールに仕える道を選んだ。[4]

マンダロリアン・スーパー・コマンドーとナイト・アウルがマンダロアの首都サンダーリ内戦を繰り広げていたとき、モールはかつてのシス・マスターであるダース・シディアスとの対決に敗れ、マンダロアから連れ去られた。[8] モールに仕えるアルメク首相の命令に従い、コマンダー・サクソンはローク・カストと2人でシディアスの宇宙船を追跡する。彼らは分離主義勢力の勢力圏にある惑星スティジョン・プライムに辿りつき、モールが収監されているスパイア刑務所に忍び込んだ。見張りのBXシリーズ・ドロイド・コマンドーを倒して施設の中に入った後、サクソンとカストは爆弾スーパー・バトル・ドロイドドロイデカを倒しながらモールの独房に辿り着いた。彼らは外壁にミサイルで穴を開けて脱出し、ガントレット・ファイターに乗ってスティジョンから飛び立った。彼らは知らなかったが、モールの母親であるマザータルジンの命を狙っていたシディアスは、囚人の脱獄を見逃すことで、タルジンを倒すチャンスを掴もうと企んでいた。[4]

コレクティヴの崩壊

サクソンとカストは救出したモールを衛星ザンバーにあるシャドウ・コレクティヴの秘密基地へ連れて行った。サクソンはそこでアルメク首相からのメッセージをモールに見せ、サンダーリで回収されたダークセーバーを彼に返した。一方、分離主義勢力の国家主席ドゥークー伯爵はデス・ウォッチの船を追跡して基地の場所を突き止め、ドロイド軍最高司令官グリーヴァス将軍にコレクティヴの掃討を命じた。サクソンは他のデス・ウォッチ戦士とともに分離主義勢力ドロイド軍を迎え撃ったが、コレクティヴは数で勝るバトル・ドロイドに圧倒された。彼らは止むを得ず秘密基地を放棄し、ガントレット・ファイターでザンバーから脱出した。[4]

Collective Captures Dooku

ドゥークーを追い詰めたサクソン

モールとデス・ウォッチは惑星オード・マンテルで同盟者のパイク・シンジケートブラック・サンと合流し、分離主義勢力の次の攻撃に備えた。また、モールの故郷ダソミアからもブラザーヴィスカス率いるザブラクナイトブラザーたちが援軍に駆け付けた。戦いが始まると、サクソンは地上部隊を指揮して分離主義勢力を迎え撃つ。サクソンの部隊はドロイドに完全包囲されて降伏したが、惑星軌道でグリーヴァスのプロヴィデンス級艦に乗り込んだモールがバトル・ドロイドの制御信号を停止させたため、地上の兵士も機能停止した。これによって戦いの流れが一転し、サクソンとコレクティヴ軍の兵士は地上で孤立無援となったドゥークー伯爵を取り囲んで捕虜にした。[4]

シャドウ・コレクティヴはオード・マンテルの戦いでグリーヴァス将軍とドゥークー伯爵を捕まえ、小惑星帯基地ヴィズラ・キープ09に移動する。モールはサクソンやカストの見ている前で2人の捕虜を跪かせ、ダース・シディアスにホログラム通信で連絡を取り、彼の部下の犯した失態を見せつけた。モールがグリーヴァスを独房に移した後、ヴィズラ・キープ09は共和国グランド・アーミーによる攻撃を受けた。オード・マンテルの事件に気づいたジェダイ・オーダーがコレクティヴの行き先を調査し、モールの討伐作戦を開始したのである。サクソンと部下たちはジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービティプリーメイス・ウィンドゥアイラ・セキュラ率いる共和国軍と交戦した。グリーヴァスは混乱に乗じて逃げ出したが、ドゥークーはジェダイを倒すため一時的にモールと手を結んだ。戦闘中、サクソンはカストにロケット弾の発射を命じ、モールやドゥークーが退却するチャンスを作った。大勢のデス・ウォッチ兵士がこの戦いで捕虜になったが、サクソンたちはガントレット・ファイター<ナイトブラザー>で戦場から脱出した。[4]

ヴィズラ・キープ09の戦いに敗れた後、モール、ドゥークー、カストらは<ナイトブラザー>でダソミアへ向かったが、サクソンは彼らと別れ、ブラック・サンの指導者ジットン・モジパイクファイフらと合流した。この頃になるとコレクティヴの犯罪王たちはモールに不信感を抱き始めており、犯罪同盟からの離脱も視野に入れていた。モールは<ナイトブラザー>からサクソンに連絡を取り、彼らとの足並みをそろえておくよう指示した。しかし、モールはその直後にダソミアで発生した戦いでシディアスに敗れ、マザー・タルジンを失った。シャドウ・コレクティヴも分離主義艦隊の攻撃で崩壊し、モールの権力基盤は失われた。[4]

帝国時代

マンダロアの総督

Gar Saxon DB

ガー・サクソン総督

シャドウ・コレクティブの陥落と同じ年、共和国はクローン戦争の終結に伴って銀河帝国再編された。コレクティヴの敵対者だったシスダース・シディアス(パルパティーン最高議長)は、自ら新政府の初代皇帝の座に収まった。権力を求めていたサクソンは帝国と手を結ぶことに決め、皇帝パルパティーンによって惑星マンダロア総督および“皇帝の手”に任命される。サクソンの部下たちは、帝国に忠実なマンダロリアン戦士、インペリアル・スーパー・コマンドーとして生まれ変わった。サクソンは帝国の代理人としてインペリアル・スーパ・コマンドーを率い、マンダロアに皇帝の意志を徹底させた。また、彼は自ら赤い装甲服とヘルメットを装着し、コマンドーの指揮を執った。

レン氏族の指導者アーサ・レン女伯爵の娘、サビーヌマンダロア帝国アカデミーから逃亡した際、サクソンは彼女の氏族に対する取り締まりを強化した。彼はサビーヌの父アルリック・レンをマンダロアで人質に取り、サビーヌの兄トリスタン・レンをインペリアル・スーパー・コマンドーに加入させた。アーサ・レン女伯爵は惑星クローネスト拠点で引き続きレン氏族の指揮を執ったが、サクソン総督や帝国に服従する以外の選択肢は残されていなかった。また、マンダロアから逃げたサビーヌはしばらく賞金稼ぎとして活動したのち、最終的にスペクターズと呼ばれる反抵抗勢力に加わった。[2]

帝国時代、サクソンはジャーニーマン・プロテクターと呼ばれるマンダロリアン派閥の指導者、フェン・ラウとライバル関係にあった。2 BBY、プロテクターは反乱軍と一時的にトラブルに陥り、ラウはスペクターズに拘束された。ラウは仕方なく反乱軍がコンコード・ドーン星系を自由に行き来することを許可したが[9]、これはサクソン総督がプロテクターを攻撃する正当な口実となった。サクソン総督とスーパー・コマンドーはコンコード・ドーン第3衛星にあるキャンプを襲撃し、プロテクターのマンダロリアン戦士を皆殺しにした。しかし、フェニックス反乱分子に軟禁されていたラウは虐殺を免れた。サクソンはラウがキャンプに戻ってくるはずだと考え、ヴァイパー・プローブ・ドロイドをキャンプに配置した。[5]

コンコード・ドーン第3衛星の戦い

Lothal rebels vs Imperial super commandos

サビーヌとエズラに降伏を迫るサクソン

サクソンが予想した通り、ラウはプロテクターとの連絡が途絶えた原因を探るためコンコード・ドーン第3衛星に戻ってきた。しかしラウは1人ではなく、サビーヌ・レン、反乱者のジェダイパダワンエズラ・ブリッジャーアストロメク・ドロイドチョッパーらと一緒だった。プローブ・ドロイドから侵入者の情報を受け取ったサクソンはスーパー・コマンドーを率いてキャンプへ急行し、エズラとチョッパーを拘束する。エズラはサビーヌやラウと一緒に来たことを隠すため、自分はホンドー・オナカーの組織に所属するゴミ漁り、“ランド・カルリジアン”だと名乗った。一方、サビーヌはラウをシャトルファントムII>の駐機場所まで戻らせ、エズラやチョッパーを救出するチャンスをうかがっていた。[5]

嘘を突き通そうとするエズラにしびれを切らしたサクソンは、本当のことを言わなければアストロメク・ドロイドの記憶回路を調査すると脅迫した。するとエズラはフェン・ラウの命令でここに来たと語ったが、彼の居場所に関しては口をつぐんだ。忍耐力の限界に達したサクソンは、ドロイドを破壊して記憶回路を回収するためブラスターの引き金を引いたが、エズラがフォースを使って銃身を押し、狙いを狂わせた。サクソンは“ランド”の正体がジェダイであることに気づいたが、次の瞬間、サビーヌがキャンプの中にスモーク爆弾を放り込み、混乱に乗じてエズラとチョッパーを救い出した。しかし、ラウが<ファントムII>に乗って1人で逃げ出してしまったため、サビーヌと反乱者たちはすぐにサクソンとスーパー・コマンドーによって取り囲まれた。[5]

Sabine Wren vs Gar Saxon

サビーヌと戦うサクソン

エズラの仲間の少女がサビーヌ・レンであることに気づいたサクソンは、彼女が帝国アカデミーから逃亡して氏族の名を汚したことを非難した。サクソンは反乱軍を捨てて自分の側につくチャンスをサビーヌに与えたが、彼女は申し出を受けるふりをして脱出の機会をうかがった。サクソンが歩み寄ってきたとき、サビーヌはチョッパーに命じてマンダロリアンのヘルメットに作用する特殊な周波数の音波を発生させ、サクソンとその部下たちを一時的にひるませた。サビーヌはエズラを抱きかかえてジェットパックで飛び立ち、チョッパーもロケット・ブースターでその後を追った。音波のショックから立ち直ったサクソンたちもすぐさまジェットパックで飛翔し、コンコード・ドーン第3衛星に広がる峡谷地帯で追跡劇を繰り広げた。反乱者たちはチョッパーに命じて周辺をスキャンし、サクソンのガントレット・ファイターの駐機位置を突き止める。彼らは飛行中にサクソンの部下たちを数名撃退したが、最後はジェットパックの故障でファイターの近くの台地に墜落した。[5]

サクソンは最後の1人となった部下とともに反乱者たちを追い詰めたが、心変わりしたフェン・ラウが戦場に戻り、<ファントムII>のレーザー砲でサクソンらを攻撃した。エズラとチョッパーは<ファントムII>に乗り込んだが、サクソンはジェットパックでサビーヌに掴みかかり、彼女を地面に引きずり落とす。一方、ラウはサクソンの最後の部下を仕留め、ガントレット・ファイターを破壊した。サビーヌはサクソンと格闘戦を繰り広げ、彼のジェットパックにダメージを与えることに成功した。<ファントムII>の後部ハッチを目指して飛翔したサビーヌを逃がすまいと、サクソンはブラスター・ライフルで彼女のジェットパックを狙撃した。弾丸は命中したが、エズラが間一髪で彼女の腕をつかみ、船内に引き込んだ。反乱者たちのシャトルはラウを1人戦場に残して第3衛星から去っていった。[5]

クローネストの戦い

Saxon Krownest

クローネストに到着したサクソン

コンコード・ドーン第3衛星の事件の後、サクソンは惑星マンダロアに戻った。首都サンダーリに滞在していたとき、彼はアーサ・レン女伯爵とホログラムで会話し、彼女の娘サビーヌがエズラやジェダイ・ナイトケイナン・ジャラスを連れてクローネストを訪れていることを知った。また、アーサは古来よりヴィズラ家の指導者の象徴であるダークセーバーをサビーヌから受け取っていた。一族の安定を願っていたアーサは、反乱者のジェダイとダークセーバーをサクソンに差し出す代わりに、サビーヌの身の安全を保証してほしいと願い出た。サクソンはアーサとの取り引きに応じ、インペリアル・スーパー・コマンドーの部隊を率いてクローネストにあるレンの拠点へ向かった。[2]

サクソンが拠点に到着したとき、レン氏族の兵士たちはケイナンとエズラを取り囲んでいた。サビーヌの反対を押し切り、アーサは約束通りサクソンにダークセーバーを渡した。しかし、マンダロアの指導者のシンボルを手に入れたサクソンは、反乱軍と共謀した罪でレン氏族のメンバーをみな抹殺すると宣言した。サクソンはサビーヌの兄トリスタンにどちらの側につくか選ぶチャンスを与えたが、彼は家族を選び、スーパー・コマンドーにブラスターを向けた。戦いが始まる寸前、フェン・ラウが建物のガラスを破って姿を現し、ケイナンとエズラにそれぞれのライトセーバーを投げ渡した。[2]

Sabine vs Saxon

サビーヌに敗れたサクソン

スーパー・コマンドーとレン氏族、ジェダイ、ラウの間に銃撃戦が始まった後、サクソンは手に入れたばかりのダークセーバーを使ってアーサを斬り殺そうとした。しかし、エズラからライトセーバーを受け取ったサビーヌが母親のピンチを救った。サクソンとサビーヌは揉み合いのすえ建物から飛び出し、氷結した湖の上でライトセーバーの対決を繰り広げる。スーパー・コマンドーをすべて倒し終えた反乱者たちとレン氏族の戦士は、湖での決闘を離れて見守った。マンダロリアンの慣習に従い、彼らは名誉を賭けた一対一の対決に割って入ろうとはしなかった。戦闘中、サクソンはジェットパックを使って空を飛び、上空からブラスター・ピストルの攻撃を仕掛けた。サビーヌは携帯式シールドで弾丸を防御し、火炎放射器でサクソンに隙を作り、後方から彼のジェットパックを破壊する。ヒビ割れていく氷の上で行われた最後の切り合いの末、サビーヌはサクソンの腕をライトセーバーで傷つけ、彼が取り落としたダークセーバーを掴んだ。サクソンは首元に刃を突きつけられても降伏することを拒否し、自分を倒したければこのまま止めを刺すよう迫った。しかしサビーヌはマンダロリアンの慣習に従うことを拒み、敗北者に背を向けて立ち去ろうとした。これに怒ったサクソンは彼女を後ろから撃ち殺そうとしたが、それを見たアーサが一瞬早く引き金を引き、総督に止めを刺した。[2]

その後

サクソンの死後、フェン・ラウは指導者を失ったマンダロアが再び混沌の時代を迎えるだろうと語った。その一方で、アーサ・レンは混沌を経験しなければマンダロアが再び立ち上がることはできないと考えていた。ラウはダークセーバーの所有者であるサビーヌがサクソンの後を継いで新しい指導者になってはどうかと提案したが、彼女は真にふさわしい指導者を見つけ出すことこそ自分の役割だと言って断った。

技術と能力

GarSaxon-SOD1

クローン戦争期のサクソン

サクソンは勇猛かつ情け容赦ない戦士で、自ら部下を率いて戦場に赴いた。彼は遠く離れた敵のジェットパックをブラスターで狙撃して、1発で撃ちぬくことができた。また、彼は丸腰での格闘技術や、ジェットパックを使った飛行戦闘技術も備えていた。[5] クローネストの戦いでは、手に入れたばかりのダークセーバーを使ってサビーヌ・レンと対決し、最初のうちは互角に切り結んだ。しかし、ケイナンやエズラから剣術の手ほどきを受けていたサビーヌは、サクソンの腕を切ってダークセーバーを取り上げ、決闘を制した。[2]

装備

サクソンは戦闘時にマンダロリアン・アーマーを身に着け、ブラスターやジェットパックを装備していた。クローン戦争中、彼はダース・モールへの忠誠心を示すため装甲服を赤と黒で塗装し、ヘルメットにザブラクを模したツノをつけていた。また、当時彼がかぶっていたヘルメットのビュープレートは黄色に輝いていた。[4] 帝国時代、サクソンは赤と白に塗装されたインペリアル・スーパー・コマンドーの装甲服を着用した。このボディ・スーツの両肩部分には帝国の紋章が入っていた。[5]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。