FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「もう少しだ」
ヤヴィンの戦いで攻撃目標に接近するドレイス[出典]

ガーヴェン・ドレイス(Garven Dreis)は惑星ヴィルジャンシ出身の人間男性で、共和国再建のための同盟に仕えたスターファイターパイロットである。T-65B Xウイングから成るレッド中隊隊長を務めた。0 BBY、彼はスカリフの戦いシールド・ゲート攻撃部隊を援護し、同盟軍艦隊デス・スター設計図を獲得した後、無事にハイパースペースへジャンプした。その直後、ドレイスはヤヴィンの戦いでレッド中隊を指揮し、デス・スターの破壊を試みた。ドレイスは、目標であるデス・スターの中央反応炉につながる排熱孔へ攻撃を行うも、彼の放った魚雷は排熱孔付近のデス・スター表面部に命中しただけで、デス・スター本体の破壊には失敗した。その後、ダース・ヴェイダーTIEアドバンストx1に捕捉され、ルークら生存の味方部隊に後事を託すと述べた直後に撃墜された。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。