FANDOM


ガーデュラ・ザ・ハットの宮殿(Gardulla the Hutt's Palace)はハット母星ナル・ハッタにあった宮殿。ガーデュラ・ベサディ・ジ・エルダーが所有し、ハット大評議会会議場として使用されていた。

歴史

クローン戦争中、評議会は銀河共和国の刑務所から脱獄したズィロ・ザ・ハットを宮殿内に監禁した。ズィロ脱獄にハットが関与しているのではないかと疑ったジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービクインラン・ヴォスが宮殿を訪れたが、ズィロはサイ・スヌートルズの助けを借りて既に宮殿から逃げ出していた。

その後、デス・ウォッチを率いるプレ・ヴィズラシス卿ダース・シディアスサヴァージ・オプレスが宮殿を訪れ、ハット大評議会にシャドウ・コレクティヴへの加盟を求めた。ハットは協力を拒否したが、デス・ウォッチの兵士がハットの部下や賞金稼ぎを圧倒し、宮殿を制圧した。

登場エピソード

参考資料