FANDOM


ガース・ブライズ[1]Garth Breise)はエクスギャル協会に所属していた科学者である。新共和国の時代、彼はアウター・リム・テリトリーの惑星ベルケイドンにあった、エクスギャル4で、夜勤の制御係として働いていた。ユージャン・ヴォングヨミン・カーは、仲間たちの銀河系侵入を察知されないように、エクスギャル4に潜り込んでいた。そして25 ABY、ユージャン・ヴォングの侵入が開始したとき、ガース・ブライズはヨミン・カーによる最初の犠牲者となった。

経歴

エクスギャル4

ガース・ブライズはエクスギャル協会に所属する科学者のひとりだった。彼は銀河系の外部から発せられる信号などを観測するため、アウター・リム・テリトリーデロンビアン宙域内の惑星、ベルケイドンに設置されていた科学ステーション、エクスギャル4へと配属される。ベルケイドンは高さ30メートルを誇るダローララの木々が生い茂るジャングルの惑星であり、エクスギャル4の周囲の自然には、クーガーといった獰猛で危険な獣が住んでいた。実際、研究者のメンバーの中にも、クーガーによって襲われ重傷を負った者もいた。エクスギャル4にはガースのほかに、メンバーの尊敬を集めていた若い人間女性科学者ダニ・クイーや、ジェレーム・キャドミアチョー・ベイドレッグティー=ウボ・ドゥールベンシン・トムリベンドディ・バロー=リーズライサイア・ダナベルルーサー・デオノ、そして別銀河からの侵略者ユージャン・ヴォングのスパイであるヨミン・カーたちがいた。ヨミン・カーは先遣部隊プレトライト・ヴォングの一員として、別銀河からの動きを観測するエクスギャル4基地に潜入し、工作活動を行っていたのである。ガースたちは、カーのウーグリス・マスカーを使った変装を見抜けず、新入りの科学者としての姿に騙されていたのである。[2]

別銀河からの侵略者

25 ABY、エクスギャル4基地の設置から3年後には、ヨミン・カーはすでにエクスギャル4のメンバー殺害に備え惑星にガスを散布していた。ガスの大気への影響で、ベルケイドンの夕焼けの輝きは以前と変わって見えるようになったが、メンバーたちは原因がヨミン・カーの行動にあることには気づかなかった。そして、エクスギャル4はユージャン・ヴォングの侵入を感知する。しかし、メンバーがその信号を確認するころには、基地の通信アンテナはカーによって破壊されていた。ガースたち基地のメンバー総勢15人は、制御室に集まって、自分たちの発見について話し合った。しかし彼らはカーの巧みな説得に乗せられ、外部への報告を行わずに、確認のため独自に調査を行う決断をした。[2]

科学者たちは、別銀河からの侵入物体が、ヘルスカ星系ヘルスカ4へと向かっていることを突き止め、新共和国へと報告を行おうとしたが、できなかった。ガースは通信装置を修復しようとしたが、カーは通信塔の最上部を破壊していたため、一筋縄ではいかなかった。その後、侵入物体がヘルスカ4で動きを止め、何の反応も示さなかったため、科学者たちはスペースキャスター級シャトルで直接ヘルスカに赴き調査をすることに決めた。クイー、トムリ、ベイドレッグがシャトルに乗り込み、基地を去ることになった。通信装置故障の原因を見つけられなかったガースは、通信塔の最上部に上って接続箱を点検することにした。シャトルが惑星を離れる中、ガースはヨミン・カーとともに通信塔へと登った。ヨミン・カーはここで本性を表し、ガースの喉を指で突き刺した。ガースは塔を落下していき、命を落とした。ガースは事故死ということになったが、すぐ後に基地のメンバーも全員カーによって殺害された。[2]

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は『新たなる脅威』に基づく。
  2. 2.0 2.1 2.2 出典:新たなる脅威

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki