FANDOM


類似した名称の記事はガナー(曖昧さ回避)を参照

ガナー・クリーグ(Ganner Krieg)は人間男性インペリアル・ナイトのマスターであり、第二次帝国内戦中に亡命帝国ローン・フェル皇帝に仕えていた。穏やかで生真面目な物腰で知られるクリーグは、仲間のナイト、アンタレス・ドレイコの信頼のおける友人であり、しばしば戦争中にともに任務に派遣された。137 ABY、2人は皇帝がシス卿ダース・クレイト帝国軍から惑星バスティオン奪回した際に同伴していた。この惑星は7年前に始まったシス=帝国戦争終結後、クレイトに支配権を奪われていたのである。その直後、クリーグとドレイコはフェルの命令に逆らい、フェルの娘プリンセスマラーシア・フェルワン・シスエージェントに追跡されていた惑星ヴェンダクサへと向かった。2人のジェダイ宇宙船マイノック>の海賊のメンバーと合流したインペリアル・ナイトは、シスを退けてプリンセスをバスティオンへ連れ戻すことに成功した。フェルは、2人を帝国で最も有名な英雄とし、最も危険な任務を割り当てることを、命令に背いた罰とした。

その後数か月、クリーグとドレイコはホイール宇宙ステーションタイヴァスにあったジェダイ・オーダー秘密のテンプルといった場所へと派遣された。後者の任務では、マラーシアがダース・クレイトに抵抗する同盟関係についてジェダイ評議会と交渉する中、クリーグとドレイコ、仲間のナイト、アズリン・レイケイド・スカイウォーカー(もとジェダイで<マイノック>の船長)の攻撃チームに加わることになった。チームはディープ・コアの惑星ハド・アバドンへと赴き、ダース・クレイトを殺しシス・オーダーを解体すべく、を仕掛けた。クレイトはスカイウォーカーに誘い出され、戦闘の中で致命的な重傷を負った。レイもこの戦いで重傷を負い、治療のためスカイウォーカーにキフェックスへと運ばれた。のちに、クリーグは彼女を連れ帰す任務に就いた。次にクリーグとレイ、ドレイコは、ジェダイとの和平交渉のためアガマーに向かう皇帝に、ボディガードとして随伴した。

同盟の話はまとまったが、会談中にシスの一団が彼らを攻撃した。手を結んだ2つの勢力は皇帝を守るため戦い、惑星の脱出に成功するが、マラーシアは脱出シャトルに乗り込むことが出来なかった。ドレイコはクリーグとジェダイ・ナイトシャドー・ヴァオを連れ、シスの惑星コリバンに潜入する任務を行い、マラーシア救出に成功する。ドレイコは彼らの脱出する時間を稼ぐため惑星に残り、シスに捕まったが、クリーグはタイヴァスを訪れた時彼と再会できた。ドレイコはシスに拷問され、秘密のテンプルの位置を漏らしてしまっていた。クリーグと彼は他の仲間と共にシスの軍隊からテンプルを守るため戦った。バスティオンへと逃れた後、クリーグはクレイトの本拠地コルサントの軌道防衛網を無効化するため組織された攻撃チームに加わった。彼らの活躍で亡命帝国とジェダイ、銀河同盟艦隊は惑星を攻撃出来るようになった。戦いの中クレイトは殺され、戦争は同盟側の勝利に終わる。しかし、皇帝フェルはフォースのダークサイドに堕ち、ドレイコに殺される結果となった。戦争終結後、クリーグはフェルの葬儀に参列する。

経歴

ヴェンダクサでの救出

人間男性であるガナー・クリーグは、インペリアル・ナイトとしての訓練を完了させ、137 ABY以前のある時点でマスターの称号を獲得していた。この称号は、彼が組織の中の階級の高いメンバーであることを意味していた。137 ABY以前、彼は仲間のインペリアル・ナイト、アズリン・レイにロマンチックな興味を抱いていた。

ImperialKnightacrobatics

ヴェンダクサに到着するクリーグとドレイコ

7年間、シスの暗黒卿ダース・クレイト銀河帝国艦隊にヒット=アンド=ラン方式の戦術で攻撃を仕掛けた後、ローン・フェルは、帝国の本拠地バスティオンへと帰還した。クレイトはフェル帝国銀河連合自由同盟が争ったシス=帝国戦争(この戦争の終結時、クレイトは銀河系の支配権をフェルから強奪した)の終結直後にこの惑星の支配権を主張していた。クリーグは2人のインペリアル・ナイト、シゲル・デアと信頼する友人アンタレス・ドレイコとともに、バスティオンに降りるフェルに同行した。惑星に駐在していた帝国軍の忠誠心を確保した後、フェルはこの帝国がクレイトの大きな脅威となったと確信した。フェルはこの新しい基地が敵に発見されてしまうことを恐れ、ソッコーロで行方不明になったと報告された彼の娘、プリンセスマラーシア・フェルの救出任務に向かうことを、ドレイコに禁じていた。ドレイコは命令に背き、クリーグを伴ってプリンセスの救出に向かうべく、バスティオンを離れた。

2人のインペリアル・ナイトは盗んだプレデター級ファイターに乗り込んでヴェンダクサへと向かった。そこでは、マラーシアと彼女の随伴者アストラル・ヴァオは、バウンティ・ハンターケイド・スカイウォーカーと行動を共にし、ウルフ・サゼンシャドー・ヴァオ(アストラルの双子)という2人のジェダイ・ナイトと遭遇していた。地上に停めてあったスカイウォーカーの宇宙船、<マイノック>の所に到着したドレイコたちのスターファイターは、シスのファリー級スターファイターによって撃ち落とされてしまった。ドレイコとクリーグは何とか燃え上がる宇宙船の残骸から脱出し、シス卿ダース・タロンダース・ニル、そしてソッコーロから脱出したマラーシアを追い続けてきたシスの軍団が姿を現した現場に到着する。ジェダイとプリンセスとともに、ドレイコとクリーグはライトセーバーを起動してシスと戦った。ジェダイとローン・フェルの帝国の間には7年間もの緊張があったが、シスという共通の敵の前に並んで戦うことになった。戦いが始まって間もなく、マラーシアはスカイウォーカーを直接守ろうとして、ザブラクシスによって切り倒されてしまった。

守るべき女性が殺されてしまったと勘違いしたクリーグとドレイコは、より力強くシスとの戦いをつづけ、クリーグは数人のシスを殺害した。ドレイコは間もなく、プリンセスがまだ生きていることに気づき、急いで彼女を<マイノック>へと運んで行った。クリーグとスカイウォーカー、他のジェダイたちも後に続いた。宇宙船の副操縦士メカニックであるジャリア・シンデリア・ブルーは、生き残ったシスたちを置き去りにし、宇宙船を離陸させることに何とか成功した。ドレイコがシンとブルーにバスティオンにコースを設定するよう迫る中、クリーグはマラーシアの傍に留まり、彼女が間もなく死んでしまうことを悟った。治癒能力を持つスカイウォーカーが手助けを申し出るが、クリーグとドレイコは彼の申し出を疑い、ドレイコは感情的になってスカイウォーカーの顔面にパンチを食らわせた。シャドー・ヴァオは戦いを防ぐべく介入し、彼の妹はスカイウォーカーにマラーシアを治させるよう、クリーグとドレイコを説得した。このバウンティ・ハンターがフォースを使ってプリンセスを死の淵から救った後、<マイノック>はバスティオンに到着した。

ホイール

Gettingthejobdone

ボヴァークを守るため戦うクリーグとドレイコ

スカイウォーカーとジェダイが<マイノック>に乗ってバスティオンを離れた直後、フェルはドレイコとクリーグを呼び出して、命令に逆らったことについて叱責した。皇帝は、シスが<マイノック>を追跡してバスティオンの場所を知ったと考え、クレイトの帝国によって追いつめられたと感じていた。重い罰を予想していたクリーグとドレイコは、フェルが彼らに勲章を与えると言った時ショックを受けた。フェルは命令違反者の存在の噂が帝国内部に流れるより、ヴェンダクサの任務を事後承諾することにしたのである。すなわち、彼らの罰は、彼らが帝国の最も有名な英雄として宣言されたことであり、同時に最も危険な任務を課されることになった。皇帝は2人を次なる任務へと派遣する。その内容は、フェルと銀河同盟、シスの紛争の中で中立を保っていたベシュ・ゴーガン星系宇宙ステーションホイールへ向かうミンゴ・ボヴァーク大佐を護衛することだった。ボヴァークはクレイトに対抗する同盟の可能性について銀河同盟残存勢力ガー・スタージ提督と話し合うつもりであり、クリーグとドレイコの任務は何としてもボヴァークの安全を確保し、交渉をスムーズにすることだった。彼らの出発の前に、彼らに勲章を授与する式典が開催された。

ホイールにおいてスタージとボヴァークは会議室で対面し、それぞれのボディガードは部屋の外で待機させられた。クリーグとドレイコは宇宙船にライトセーバーを置いて来るよう命じられていたが、こっそりと宇宙ステーションに持ち込んでいた。会談が始まる中、クレイトの帝国のスパイモーリガン・コードジョア・トーリンは、コマンド・オーバーライド・リンペット・ドロイドを使ってボヴァークのシャトルにスタージの宇宙船を攻撃させ、ローン・フェルが裏切ったとスタージに思い込ませた。インペリアル・ナイトと銀河同盟ガードの間に銃撃戦が勃発し、ドレイコが会議室に入り込んでスタージからボヴァークを救い出す間、クリーグはガードたちを退けた。ホイールの行政官ポル・テムと数人の警備員が到着し、インぺリアル・ナイトに即座に武器を捨てるよう要求した。ドレイコはこれを拒否し、テムは帝国側にホイールを離れるよう言い、ローン・フェルの軍のステーションへの立ち入り禁止を言い渡した。

数週間後、ケイド・スカイウォーカーがコルサントシスのテンプルから脱出したという知らせを受け取ったフェルは、彼を捕まえる計画を立てた。クリーグとドレイコは皇帝との会合に呼び出されるが、ドレイコは出席できなかった。皇帝はかつての彼の決断を嘆き、スカイウォーカーが帝国の秘密をシスに漏らしてはいないかと心配した。皇帝はクリーグとドレイコ、そして最近ナイトになったマラーシアをアイエゴ星系に送ることにした。仲間のナイト、アズリン・レイも既にスカイウォーカーを見つけ出すためこの星系へと派遣されていた。内密に活動し、バウンティ・ハンターの扮装をしたレイは、アイエゴでおじの“バンサ”・ロークを訪ねていたスカイウォーカーと会った。もとジェダイ・パダワンで、スカイウォーカーとは幼いころの友人だったため、レイはジェダイ・オーダーの秘密のテンプルの存在を知ることが出来た。宇宙船に乗って<マイノック>を追いテンプルへ行く準備をしながら、レイはテンプルの座標をドレイコ、クリーグ、マラーシア(彼らは彼ら自身のシャトルに乗り近くで待機していた)へと送信した。ドレイコとクリーグは2人ともレイが彼らを罠にかけようとしているのではないかと疑ったが、3人のインペリアル・ナイトはタイヴァスの秘密のテンプルへとコースを設定した。彼らの望みは、フェル帝国とジェダイ・オーダーの間の同盟関係形成について交渉することだった。

タイヴァス

インペリアル・ナイトは彼らの宇宙船を隠し、<マイノック>の後を追い秘密のテンプルへと向かい、この宇宙船の次に施設のハンガーへと着陸した。ドレイコとクリーグ、マラーシアは、<マイノック>の乗組員がちょうどウルフ・サゼンとシャドー・ヴァオに迎え入れられているところに降り立った。ドレイコとクリーグは潜在的な危険からプリンセスを守るためにライトセーバーを起動して歩いて行った。この動きは敵意と誤解され、ヴァオとスカイウォーカーもライトセーバーを起動し、2人のインペリアル・ナイトと交戦した。クリーグはヴァオと対決しこのジェダイ・ナイトを侮辱した。スカイウォーカーはかつてナイトたちが彼の船にただ乗りしたことや、レイの正体がインペリアル・ナイトであることを知ったことで激怒し、ドレイコとクリーグをハンガーの向こう側へとフォースで飛ばした。これに対し、マラーシアは彼女自身のライトセーバーを起動し、スカイウォーカーにインペリアル・ナイトは平和任務のためにやって来たのだと教えた。

Guesswhoscomingtodinner

ジェダイの秘密のテンプルに到着したクリーグたち

集まった面々の間の緊張感が静まった後、帝国の代表団はジェダイ評議会と対面することを許された。評議会チャンバーにおいて、スカイウォーカー、ローク、サゼン、ヴァオ、ドレイコ、クリーグ、そしてマラーシアは、ジェダイ・マスターカクルークトラ・サアティリ・キュアと顔を合わせた。サアは、フォースが理由あってインペリアル・ナイトが秘密のテンプルに来ることを許したのだと信じていた。マラーシアは、彼女の父親がオッサスの大虐殺の命令を出したわけでなく、共通の敵シスに対抗するために力を合わせようと、両者の間に会談を望んでいることを伝える長いスピーチを行い、クリーグはそれを傍観していた。スカイウォーカーはシスに捕らえられていた間に知ったダース・クレイトとワン・シスの知識を話して彼女に同調し、ダース・クレイトを暗殺する計画を口にした。ジェダイ評議会はスカイウォーカーの提案に驚いたが、インペリアル・ナイトたちはこれに感銘を受けた。クリーグは、シスが互いに玉座を奪い合う状態になれば、皇帝フェルとガー・スタージ、そしてジェダイの同盟軍がシスを倒せる可能性があると考えた。結局ジェダイ評議会はこの任務を支持しなかったが、スカイウォーカーは彼らの助けなしで計画を進める決心をした。マラーシアは彼女がジェダイと同盟の交渉を続けるため残る間、スカイウォーカーの任務に同行するようドレイコとクリーグ、レイに命じた。ドレイコはインペリアル・ナイトの任務のリーダーに任命された。スカイウォーカーのアストロメク・ドロイドR2-D2が<マイノック>の貨物ベイのドアを開き、ドレイコとクリーグのTIEプレデターを船内に積めるようにした。ファイターがすでに宇宙船に乗せられ、スカイウォーカーはインペリアル・ナイトが任務に加わることにしぶしぶ同意した。ヴァオもジェダイの唯一の代表者として攻撃チームに加わった。

スカイウォーカーは惑星ハド・アバドンにクレイトを誘い込む計画を立てた。道中、ドレイコとクリーグはヴァオが<マイノック>の貨物室でリモートを使ってライトセーバー・テクニックの練習をしているのを目撃した。間もなく、宇宙船はスター・デストロイヤー<アイアン・サン>のインターディクション・フィールドによってハイパースペースから引き出された。この艦は10年前旧共和国のジェダイ、セレスト・モーンによって徴発され、ディープ・コアに留まっていた。<マイノック>がトラクター・ビームに捕捉されると、ヴァオとスカイウォーカーは相手艦内にフォースの使用者がいることを感じ、乗組員たちは直接乗り込んで調べてみることにした。スカイウォーカーはドレイコとクリーグにハンガー・ベイに通じる通路を調査するよう指示し、彼らはそこでかじられた跡のある骨を幾つか発見した。スカイウォーカーとレイ、ヴァオ、ジャリア・シンはラクオルとして知られる獣に攻撃を受けた後、クリーグとドレイコはデリア・ブルーとともに、ロックされたドアの前でシンとヴァオを見つけた。そこには大人しいラクオルも数匹いた。これらはモーンがムーア・タリスマン(シス卿カーネス・ムーアが取りついた古代シスの遺物)を使ってコントロールすることが出来た獣たちだった。ドレイコとヴァオがドアを押し開けて進もうとするとそれは突然開き、疲れ切ったスカイウォーカーとレイが姿を現した。そのあとに、スカイウォーカーの治癒能力に感動し、彼らの仲間に加わることを決めたモーンが続いた。

コアでの戦い

新たな乗組員モーンとともに、<マイノック>はクレイトの帝国の支配下に置かれていたハド・アバドンに到着した。惑星の帝国基地のパイロットのふりをして、ドレイコとクリーグはシャドー・ヴァオのX-83ツインテール・スターファイターに続いて飛び、クレイトの帝国軍人を基地から排除するため、地上の敵TIEパイロットがファイターに乗り込む前に彼らを砲撃した。基地から敵を一掃した後、ドレイコがホロネットにアクセスしてローン・フェルに報告を行っている間、クリーグはレイと静かな時間を過ごす暇を見つけた。彼らはお互いに対する感情を語り合った。しかしこの穏やかな時間は、ドレイコによって遮られた。彼は皇帝から、ムーア・タリスマンを手に入れるよう新しい命令を受けたのだった。シスの道具が悪だと考え、この命令に反感を持ったレイはその場を去っていった。ドレイコは、彼女が任務を危うくするならば、彼女を殺さなければならないと口にする。信頼のおける友人であり任務のリーダーであるドレイコに反発し、クリーグは、その時はまず自分を先に殺さなければならないとドレイコに言った。 彼ら2人はインペリアル・ナイトの最大の義務について話し合い、緊張が高まった。クリーグは議論が解決しないまま、その場を離れた。

Ganner Protect Azlyn

ハド・アバドンで、ドレイコからアズリン・レイを守るクリーグ

ムーア・タリスマンの罠に誘い出され、ダース・クレイトは最も信頼する4人のシス卿、ダース・ストライフウィーロック、タロン、マラディを引き連れ、ハド・アバドンにやって来た。シス卿たちはスカイウォーカーとモーンと対峙したウィーロックを救い、フォースを使って身を隠していたドレイコとクリーグ、レイ、そしてヴァオも自ら姿を現した。攻撃チームの6人のメンバーはシスと戦い、モーンのラクオルの軍団に助けられた。獣たちによって、インペリアル・ナイトは戦いから切り離される。クリーグとアズリンはドレイコから、彼がタリスマンを手に入れる試みをする間クレイトに対処するよう指示を受けた。レイは抗議したが、怒ったドレイコは彼女をフォースで押し飛ばした。クリーグはドレイコの動きを制し、自分たちがクレイトと戦う間にモーンと対峙するようドレイコに言った。

クリーグとレイはラクオルの大群の中を戻っていき、レイはクレイトがモーンと戦っているのを目撃する。クリーグはレイが暗黒卿の胸を貫くのを恐る恐る見守っていた。クレイトはモーンによって崖からフォースで突き落とされ、彼を裏切った部下のダース・ウィーロックによって死んだと勘違いされるほどの致命的な重傷を負わされた。戦いの中でクリーグを含むほとんどの戦闘員に放たれたフォース・ライトニングによって、レイも致命傷を負っていた。スカイウォーカーはタリスマンを破壊してモーンを殺したが、フォースを使ってレイを効果的に治癒することはできなかった。<マイノック>の乗組員がヴァオとレイを連れてキフェックスへ発つ準備をする中、ドレイコとクリーグが皇帝のためタリスマンを手に入れようとしていたことを知っていたスカイウォーカーは、2人が乗船することを拒んだ。ヴァオは2人のナイトをフォースで退け、<マイノック>は惑星を離れた。クリーグは宇宙船の出立を見て、彼の義務の意味を疑った。

バスティオンに戻った後、2人はシゲル・デアと共に皇帝の前に立った。フェルは彼らがタリスマンが破壊されるのを許してしまったことや、クレイトが殺されたという確証がないことに不機嫌だった。クリーグはレイを連れ戻すため、フェルによってキフェックスに派遣された。農業惑星へと旅した彼は、身体的に、そして感情的に疲労したレイが、シェイフジャリア・ヴォスのゲストとして滞在しているシェイフの宮殿へと向かった。レイは“バンサ”・ロークとその妻ドルーが設計した保護スーツによって生き延びていた。クリーグは彼女をバスティオンへと連れ戻す。

アガマーの平和会談

しばらく後、レイはインペリアル・ナイトのマスター・アーマラーホグラム・チョークが造った新しいアーマーを装着した。これを着て戦う感覚を身に着けるため、彼女はマスター・トレイス・シンドの指導の下、マスター・ドレイコやデア、チョーク、皇帝フェルたちに見守られながら、インペリアル・ナイトの宿舎でクリーグとスパーリングを行った。ことときクリーグは、ジェダイ・オーダーとの和平会談に臨むため惑星アガマーに向かう皇帝とその娘に同行するナイトの派遣団に加わることになった。フェルとジェダイは既に、それぞれ銀河同盟と同盟関係を形成しており、亡命帝国とジェダイ・オーダーの間に協力関係が出来れば、3者のより巨大な同盟関係が形成されることになる。惑星の地表において、インペリアル・ナイトはアガマーの草原に夜を明かすためのキャンプを作った。

Assindecommands

シンドに命じられ侵入者に発砲するクリーグとデア

翌朝、帝国の代表団はマスター・カクルーク率いるジェダイの代表者たちと顔を合わせた。一同はアガマリアン農民を装い、インペリアル・ナイト数名が会談から離れた場所に配置され、農地で作業しているふりをした。形式的な同盟について合意に達し、フェルはバスティオンはジェダイと銀河同盟の両方にとって安全な避難場所になると語った。しかしその後、地元の動物に乗って彼らに接近する侵入者が現れた。マスター・シンドはクリーグとマスター・デアに銃撃するよう命じる。2人はブラスター・ライフルで獣を撃つが、フェルはその乗り手がニーナ・カリクスト(彼女はシス=帝国戦争の終焉時からクレイトの帝国に帝国情報部部長として仕えていた)であることに気づいた。カリクストは集まっている人々に、シスが会合のことを知っており、モフ・ラルフ・イェイジ指揮下の攻撃部隊派遣されていると急いで語った。ペレオン級スター・デストロイヤーウォー・ハンマー>率いる攻撃部隊は、フェルの<ドーントレス>と軌道で戦い初め、彼女はインペリアル・ナイトとジェダイに死にたくなければ逃げるべきだと提案する。

近くの沼から現れたシスの一団が、インペリアル・ナイトとジェダイのもとに突如として迫ってきた。ドレイコとカクルークはそれぞれの仲間に皇帝フェルを守るよう要請し、戦いが始まったため全員の変装が解かれた。少なくとも10人のシスが、インペリアル・ナイトやジェダイのライトセーバー、そしてカリクストのブラスターによって倒された。クリーグは敵の体の中心を切り裂き、ワン・シスのメンバーを1人殺害した。ドレイコはインペリアル・ナイトたちに、皇帝を戦場の近くに着陸したシャトル<ディフェンダー・ワン>で脱出させるよう指示する。シンドとカクルークがシャトルまでの道のりにいる敵を倒し始め、生き残ったジェダイとインペリアル・ナイトが船に乗り込んだが、マラーシア、ジェダイのラシ・トゥームは遠く離れていたため乗り込めなかった。シンドから皇帝への義務を思い出させられたドレイコは、シャトルに離陸するよう命じた。<ディフェンダー・ワン>は、<ウォー・ハンマー>の攻撃を受け破壊されながらも彼らのために道を切り開いた<ドーントレス>のおかげで、惑星を脱出できた。

<ディフェンダー・ワン>はインペリアル・ナイトとジェダイをバスティオンに運んだ。アガマーでは、マラーシアがシスにさらわれコリバンへ連れて行かれたが、レイとトゥームはシス=帝国アタック・シップを盗んでバスティオンに戻ってきた。この宇宙船がフェルの要塞惑星に近づいてくると、ドレイコとクリーグ、シンド、シャドー・ヴァオ、そしてホグラム・チョークは警告音で眠りから目を覚まし、着陸プラットフォームに急行した。チョークは宇宙船との連絡に失敗したが、レイがコムリンクを通してクリーグと接触したため、チョークはバスティオンの防衛砲台に発砲を中止するよう命じた。レイとトゥームが着陸すると、怒ったドレイコはマラーシアを連れてこなかった彼女らを叱責した。トゥームが彼を遮ると、ドレイコはこのジェダイ・マスターをフォースで押し飛ばしたが、フェルが全員を彼の宿舎へと呼び出したため対立は終わった。フェルはクレイトの帝国内にいるスパイから、マラーシアがシスの惑星コリバンに連れて行かれているという情報を受け取っていた。フェルは娘が帝国の暗号をすべて知っており、それが敵に漏れる可能性を危惧していた。皇帝はドレイコに彼女の救出計画を立てるよう命じた。

ジェダイとの共同戦線

マラーシアが捕まったことに対するドレイコの怒りを感じ、クリーグは友人の宿舎へ行き、怒りを制御するように彼にアドバイスする。しかしドレイコは逆に、怒りを利用してプリンセスを救出するつもりでいた。ワン・シスのメンバーの服装をし、ドレイコは怒りを使って変装を完了した。彼は捕虜に扮したクリーグとヴァオを連れ、コリバンへと向かった。コリバンで、ドレイコはニモーディアンシスを説得し、尋問部屋へと入り込んだ。そこで彼らは鎖につながれ、拷問で疲弊したプリンセスを発見し、テレキネシスで数人のシスの護衛からライトセーバーを奪った。3人は護衛を素早く倒し、マラーシアを船へと運んだ。船への道のりの敵を倒したとき、ドレイコは仲間がプリンセスを逃がすために惑星に残ることにした。マラーシアは抗議したが、ドレイコに新しいシスの一団が押し掛けたため、クリーグは彼女を船に引きこんだ。ヴァオが宇宙船を操縦し、マラーシアとクリーグは銃座に座った。しかし、軌道へ向かう途中、彼らはドレイコの死を感じた。

Whenourpowerscombine

コリバンでシスと戦うクリーグとヴァオ

彼らがバスティオンに戻った後、皇帝はドレイコとアガマーで倒れたインペリアル・ナイトたちを讃えるため、追悼式典を催した。クリーグはヴァオと多くのインペリアル・ナイトたちと共に式典に参加した。その後、クリーグとヴァオ、レイは、タイヴァスの新しい仲間に会いに行くプリンセスをエスコートする任務に就く。ウルフ・サゼンと合流した後、彼らはジェダイの秘密のテンプルに到着した。彼らがテンプルにいるとき、ジェダイ評議会はケイド・スカイウォーカーから連絡を受け、ドレイコは生きていたが、コリバンで拷問されテンプルの位置を敵に漏らしてしまったと知らされた。ダース・クレイトはスカイウォーカーへの個人的な復讐のため、ドレイコを炭素凍結し、スカイウォーカーに贈り物として渡したのだった。<マイノック>がタイヴァスに到着すると、クリーグとレイ、ヴァオはスカイウォーカーとドレイコに会い、ぼろぼろになった彼らのリーダーをプリンセスのもとへ連れて行った。クリーグとレイは、プリンセスが、死よりも情報漏洩を選びジェダイとの同盟を裏切ったとして、ドレイコを責めるのを見ていた。しかしプリンセスは彼女の救出に現れたドレイコの勇気を讃え、秘密のテンプルをシスの侵略から守ることで、名誉を回復するチャンスをドレイコに与えた。その後クリーグは、ドレイコがアーマーの代わりに着るバトル・ドレスを探した。

クリーグ、ドレイコ、マラーシアは、サゼン、ヴァオ、スカイウォーカー、ローク(再びジェダイに戻った)とともに、再度ジェダイ評議会の前に立った。皇帝とガー・スタージはホログラムを通してテンプルの防衛の援助をすることを約束した。スカイウォーカーと彼のおじはクレイトの軍隊をテンプルへと誘い込み、フェルとスタージの艦隊をハイパースペースから出現させ敵の宇宙軍を罠にはめ包囲する作戦を考案した。攻撃が始まると、4人のインペリアル・ナイトがスカイウォーカーとジェダイたちとともに、テンプルの外部入口をシスから防衛した。クリーグとレイは並んで侵略者と戦った。ロークが銀河同盟と亡命帝国艦隊に連絡すると、彼らの軍艦星系に到着し罠を展開した。上空で宇宙戦が激化する中、クリーグとレイは共にテンプルへ向けて進軍する帝国のウォーカー兵器を破壊するため活動した。その後クレイトの秘密のシス・トルーパーが星系に表れ、その一団が惑星表面に降下して防衛軍を包囲すると、同盟勢力はテンプル内の評議会室へと押し戻されていった。スカイウォーカーとテ・コーソセイヤー・ドゥンラドロックら3人のジェダイ・マスターは、戦闘瞑想で同盟勢力の戦いの調整をしていたマスター・トラ・サアを守るため、評議室に残った。秘密のテンプルを構成する宇宙船は、上昇するフォース・エネルギーや、戦闘中クレイトの帝国から離反した数隻の船に守られながら地上から離れ、星系に逃れていった。シス・トルーパーに甚大な被害を受けた後、同盟勢力の生き残りはバスティオンへと退却した。

コルサントの決戦

秘密のテンプルの陥落から3日後、皇帝とスタージ提督、ジェダイ評議会の生存者たちは、クレイトとシス・トルーパーがバスティオンに攻撃を仕掛ける前に、首都コルサントを攻撃する作戦に同意した。戦いの準備がなされる中、クリーグは皇帝の旗艦ジャグド・フェル>内の宿舎に戻るドレイコのもとに向かった。ドレイコはシスに拷問されたとき名誉を失い、シスにスリーパー・エージェントとして改造されているのではないかと心配していた。クリーグは恐れを切り捨て、フォースの中の強さを見出して新しい自分を作り上げるよう友人にアドバイスした。

Goodadvice-LW5

<ジャグド・フェル>で友人に助言するクリーグ

戦いの中ドレイコは<ジャグド・フェル>で皇帝の傍に留まることになったが、クリーグとマスター・レイ、デアは攻撃チームに加わってスカイウォーカー、ヴァオ、サゼン、トゥーム、モーリガン・コード(帝国情報部部長ニーナ・カリクストとしてクレイトの帝国に仕えていたが、フェル側へと離反した)とともにコルサントへ向かうことになった。シンとブルーが<マイノック>で彼らをコルサントに運び、こっそりと秘密の場所へ降ろした。彼らの任務は、コードが惑星の中央コンピューターに侵入し、防衛システムをコントロールできるようにすることだった。同盟艦隊がコルサント星系にジャンプする2分前、攻撃チームは目標に到着し、トゥームとレイがテレキネシスを使って技術者数人を吹き飛ばした。他の者たちがストームトルーパーやシス・トルーパーと戦う中、クリーグとヴァオ、スカイウォーカーはコンピューターを破壊してコルサントの軌道防衛システムを不能にした。

かつてシスのテンプル(当時はジェダイ・テンプルだった)で学んでいたときに知った秘密のトンネルを使い、攻撃チームはダース・クレイトを見つけてスカイウォーカーと対決させるため、ワン・シスのテンプルへと進んでいった。ダース・タロンとダース・ストライフが他の数人のシスとともに彼らを待ち受け、激しい戦闘が始まった。その中でマスター・デアは胸を突き刺され、サゼンとストライフは相討ちとなり両方が命を落とした。クリーグと他の者たちが戦い続ける中、スカイウォーカーはクレイトと対決し、この暗黒卿を破った。フォースのダークサイドを通してクレイトと意思が繋がっていたシス・トルーパーは、暗黒卿の死をきっかけとして発狂し、攻撃チームはたやすく彼らを殺すことが出来た。宇宙でアニヒレーター級スターファイターに乗って戦っていたシス・トルーパーはコルサント地表へと墜落し、生き残ったクレイトの艦隊は首都惑星を同盟勢力に明け渡し、ハイパースペースへと逃げて行った。生き残ったシスは姿を隠し、戦争は終結する。

皇帝フェルも戦死者の1人だった。皇帝はシスが造りだした、コルサントのすべての命を奪うことが出来る生物兵器オメガ・レッドを使おうとし、ドレイコに殺されたのだった。インペリアル・ナイトは、皇帝がもしダークサイドに転向したら殺害するという誓いを立てており、ドレイコは誓いを守ったのである。戦いの後、フェルのために葬儀が催された。クリーグとドレイコは、起動したライトセーバーを手に、マスター・アーマラーとして弔辞を述べるホグラム・チョークの隣に並んだ。チョークは新しく女帝となったマラーシアが、スタージ提督、ジェダイ・マスター・カクルークとともに、銀河系を統一する銀河同盟三頭政治を形成することを発表した。

個性と特徴

KriegtheIK

ガナー・クリーグ

インペリアル・ナイトとして、クリーグは皇帝に対する忠誠の誓いを心にとめて忘れなかったが、彼は友情にも重きを置いていた。クリーグの信頼する友人、アンタレス・ドレイコがマラーシア・フェルを救うためヴェンダクサに向かった時、クリーグは皇帝からの直接の命令に逆らって友人に同行した。クリーグの穏やかで分別があり、生真面目な態度は、ドレイコの生意気な行動を引き立てており、友人とは違ってダース・クレイトの帝国に仕える帝国軍人を殺すことにためらいがあり、ジェダイにさほど批判的ではなかった。むしろ、シャドー・ヴァオのライトセーバーの腕前を称賛していたと言っていいほどである。クリーグはヴァオの能力を無視するドレイコの中に愚かさを感じ、友人にそれを指摘した。彼はまた、ドレイコの怒りはインペリアル・ナイトのリーダーとしてふさわしくないと考え、友人にそれを制御するようアドバイスした。シスによって拷問された後の、ドレイコの最も暗い時期に、多くの他のナイトがドレイコを疑う中、クリーグは友人のことを支えた。クリーグはドレイコに、フォースの中に強さを見つけ、罪の意識を克服するよう告げた。

皇帝への忠誠の誓いに加え、クリーグはプリンセスを守る誓いにも専念しており、ヴェンダクサでは彼女を襲ったシスたちと激しい戦闘を繰り広げた。彼はまた約束の価値を信じており、フェルとマラーシアが、ケイド・スカイウォーカーを安全にバスティオンから出発させる約束をしていたことを、フェルに思い出させた。

インペリアル・ナイトの最初の忠誠は皇帝に象徴される帝国にあると言われていた中、クリーグはナイトが忠誠を負うのは究極的にはフォースだと主張していた。彼は、ナイトは皇帝がフォースのライトサイドに仕えている限り皇帝に忠誠心を持つのであるというポリシーを持っており、フェルが破壊的な力を持つ古代シスの遺物、ムーア・タリスマンを手に入れるよう命じた時は非常に懐疑的になった。この疑惑はフォースへの忠誠心と合わさり、考え方の違うドレイコと口論になった。クリーグは、ハド・アバドンの任務でプリンセスに対する感情がドレイコの思考を曇らせていると考えていた。

クリーグは仲間のインペリアル・ナイト、アズリン・レイにロマンチックな感情を抱いていたが、彼女の忠義がインペリアル・ナイトとジェダイに二分しているのではないかと考えていた。ハド・アバドンの任務の間、レイはクリーグに、彼の感情に気づいており、彼女もそれに応える気があると語ったが、彼女はインペリアル・ナイトの義務がいつも2人をばらばらにするだろうと感じていた。その後、ドレイコが、レイの行動が任務を危険にするようなら彼女を殺さなければならないと発言した時、クリーグは彼女をかばった。クリーグはドレイコに、もし彼女を殺すことがあれば、彼から殺さなければならないと言った。その後のシスとの戦いの中、クリーグは身体的にレイを攻撃しようとするドレイコを抑制した。クリーグは知らなかったが、レイは当時、ケイド・スカイウォーカーとの古い関係を再燃させていた。ハド・アバドンの戦いの後、レイに対するクリーグの感情は彼にインペリアル・ナイトの義務の意味に疑問を持たせ、彼女が死んでしまうとの思いに苦しんだ。

力と能力

ガナー・クリーグは、銀河系で最も優秀で危険なフォース使用者の集団とされていた、インペリアル・ナイトの一員だった。彼は能力に自信を持っており、ヴェンダクサやアガマー、コリバン、コルサントなどにおけるシスとの戦いで実際に技術を示していた。ジェダイの秘密のテンプルの防衛の中、少なくとも3度の小規模な戦いでシスが彼の刃に倒れた。また、クリーグとレイは協力して帝国のウォーカーを倒している。また、ハド・アバドンでTIEプレデターを操縦した時、クリーグはパイロットとしてのある程度の技術も示している。

制作の舞台裏

このキャラクターは、スター・ウォーズコミック・シリーズ、『Legacy』のために、ジョン・オストランダージャン・ダーシーマによってつくり出された。このキャラクターが登場する作品はいずれも邦訳されていないが、『スター・ウォーズ アルティメット・ビジュアル・ガイド 特別篇』に画像が載っている。

トミーダイレクトのアクション・フィギュアでは、ガンナー・キーグの表記が使われている。

登場作品

  • Star Wars: Legacy 3: Broken, Part 3 (初登場)
  • Star Wars: Legacy 6: Broken, Part 5
  • Star Wars: Legacy 7: Broken, Part 6
  • Star Wars: Legacy: Trust Issues
  • Star Wars: Legacy: Loyalties
  • Star Wars: Legacy: The Hidden Temple
  • Star Wars: Legacy: Vector
  • Star Wars: Legacy 35: Storms, Part 2
  • Star Wars: Legacy 42: Divided Loyalties (間接的に言及)
  • Star Wars: Legacy 43: Monster, Part 1
  • Star Wars: Legacy 45: Monster, Part 3
  • Star Wars: Legacy 46: Monster, Part 4
  • Star Wars: Legacy 49: Extremes, Part 2
  • Star Wars: Legacy 50: Extremes, Part 3
  • Star Wars: Legacy—War 1
  • Star Wars: Legacy—War 2 (間接的に言及)
  • Star Wars: Legacy—War 3
  • Star Wars: Legacy—War 4
  • Star Wars: Legacy—War 5
  • Star Wars: Legacy—War 6

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki