FANDOM


ガナサン[1](Ganathan)は惑星ガナス出身の知覚的なヒューマノイド種族

社会と文化

ガナサンの宇宙航行技術は制限されたものであり、彼らは蒸気を使ってゆっくり動く宇宙船を使い、星系内の移動を行っていた。ガナサンはハイパードライブをはじめとした、様々な近代技術を知らなかった。しかし、いくつかの分野、特に電子機器においてはむしろ先進技術を持っていた。彼らはエンパトジェイオス・ブランドのためのサイボーグ機器や、ライトニング・ガン・システムを造り出している。また、彼らは外来者が来たときのためのプロトコルも準備していた。

歴史

ガナサンは、ハット・スペース内にある宙図に載っていない星雲オクトス・ネビュラに位置する惑星ガナスで発展を遂げた。高度な放射線に包まれた恒星間ガスによって外部の銀河系から切り離された環境で暮らすガナサンのテクノロジーは、遅れたレベルのまま取り残されていた。クローン大戦終結後、ガナサン・スペースに最初の外来者がやってきた。ダース・ヴェイダーの追跡を逃れ、損傷したスターファイターガナス星系にたどり着いたジェダイ、エンパトジェイオス・ブランドである。重傷のブランドは、ガナサンのテクノロジーでサイボーグ治療を受け、球体のリパルサー装置の肉体を手に入れた。やがてブランドはガナサンの指導者になった。

10 ABYハン・ソロレイア・オーガナチューバッカヴィマ=ダ=ボーダらの乗る<ミレニアム・ファルコン>が、偶然ガナサン・スペースにやってきた。損傷を負った<ファルコン>はガナサンの<ロビダ・コロッサス>に牽引され、ガナスに到着した。エンパトジェイオス・ブランドは彼らを迎え入れ、<ファルコン>の修理をさせた。その後、ブランドは皇帝パルパティーンとの戦いに参加し、ジェダイ・オーダー再建するため、ガナサンのもとを離れる決断をした。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki