FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

ガスガノ(Gasgano)は惑星トロイケン出身のゼクスト男性で、銀河共和国末期のポッドレーサーパイロットナブーの侵略のさなか、砂漠惑星タトゥイーンで開催されたブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースに出場した。競争心旺盛なガスガノは、緑色のレース機<オード・ペドロヴィア>で勝利を追い求めた。レース中、彼は長いあいだトップの走者に食らいついていたが、結局人間アナキン・スカイウォーカーに敗北した。

経歴

惑星トロイケン出身のゼクスト、ガスガノは緑色のレース機<オード・ペドロヴィア>を乗りこなすプロのポッドレーサー・パイロットだった。ガスガノはスピード感のスリルを追い求めてレースに参加し、ゼクスト特有の4本の腕と24本の指をポッドの操縦に役立てていた。クローン戦争の10前、ガスガノはアウター・リム・テリトリー砂漠の惑星タトゥイーンで開催されたブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースに参加した。負けず嫌いだったガスガノは、地元のチャンピオンであるダグセブルバを破りたいと考えていた。また、ガスガノの競争心はブーンタ・イヴのレースを2度制覇したことがあるボールズ・ルアや、再参加者のダッド・ボルトピット・ドロイド・チームを率いるアーキットオディ・マンドレルらにも向けられ、一度もレースを完走したことが無いアナキン・スカイウォーカーすら敵対視していた。レース当日、<オード・ペドロヴィア>はモス・エスパ・グランド・アリーナのスタート位置で前から3列目、ルアのレーサーの隣、スカイウォーカーのレーサーの後ろに並んだ。

トロイグのアナウンサー・ビードハット語でガスガノとそのレース機を紹介した後、主催者であるジャバ・ザ・ハットがレースのスタートを宣言した。スカイウォーカーとベン・クワディナロスを除く全レーサーが順調なスタートを切り、砂漠に設置されたコースを駆け抜けた。ガスガノはトップ走者のひとりだったが、ルア、ボルト、マンドレルといったレーサーたちに追い抜かれてしまう。さらに、ポッドを修理し終えたスカイウォーカーがあっという間に遅れを取り戻し、ガスガノのすぐ後ろに迫ってきた。狡猾なガスガノはスカイウォーカーの進行方向を遮って妨害を試みたが、人間の少年はコースの崖を降りる際に<オード・ペドロヴィア>の頭上を飛び去って行った。スカイウォーカーのエンジン・ケーブルが外れるトラブルが起きた際、ガスガノは一瞬だけ彼を抜かしたが、再び抜き返されてしまった。レース3周目、セブルバがスカイウォーカーとのもつれ合いで脱落したため、ガスガノは再び上位に食らいつくことができた。しかし、セブルバを蹴落としたスカイウォーカーがそのまま1着でゴールし、ガスガノは2位になった。

個性と特徴

Gasgano-TPM

ガスガノ

ガスガノはゼクスト種族男性で、身長は1.22メートル、大きな黒い目と茶色や白の肌を持ち、顔に紫色のまだらがあった。ガスガノはゼクスト特有の4本腕と24本指をポッドレースに役立て、他のパイロットにはできない巧みな操縦を実現させていた。彼は非常に負けず嫌いで、他のパイロットが自分を追い越そうとすると癇癪を起した。

装備

ガスガノは緑色にペイントされたポッドレーサー、<オード・ペドロヴィア>を操縦した。彼のレース機にはカメラが設置されており、走行中も機体の後方をホロスクリーンで確認することができた。ブーンタ・イヴのレース中、ガスガノはホロ画面を見てスカイウォーカーが後ろに迫っていることに気付き、進行方向を遮ろうとした。レース中、ガスガノは目を保護するゴーグルを着用した。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。