FANDOM


カー・ヤングKar Yang)は鳥に似たヒッチアンバウンティ・ハンター銀河系で2番目に熟練したハンターだと恐れられていた。鳥のハゲワシに似ており、ヤングの身長は2メートル近くと巨体である。また好戦的でバウンティ・ハンターの仕事を楽しみにしており、戦って捕らえる事を好んでいた。それが幸いし、グリと言うヒューマン・レプリカ・ドロイドは戦闘で彼を殺すことが出来た。

経歴

ヤングはエンドアの戦い後の4 BBY、犯罪シンジケート、ブラック・サンシゾールに仕えていたヒューマン・レプリカ・ドロイドのグリを捕らえるため、コルサントアズールと言うファーリンの骨董ディーラーによって雇われた。シゾールの死後、アズールとシゾールの姪サヴァンは、グリが所有していたブラック・サンに関する重要な情報を手に入れる必要があった。なので、アズールとサヴァンはグリを探し出す為にヤングを雇ったのだった。ヤングはアシスタント・ドロイドリントゥーと共に、グリの居場所を突き止めるべく、グリを造った銀河帝国のドロイド技師の一人マサド・スランブルを探しに出た。追跡中、グリが破壊したスター・デストロイヤーの残骸などの破壊の痕跡を見て、ヤングはグリが危険な人物だと悟っていたが、好戦的なヤングは、ますますグリと戦って捕まえる事に執着していた。そしてヤングはハードの月と呼ばれる衛星で酒場を営むスランブルを見つけ出し、グリの居場所を聞き出そうとした。スランブルは最初、気が進まなかったが、ヤングは酒屋でごろつき達相手と戦い、周りに自分の強さを見せつけ、スランブルにグリの居場所を吐かせた。スランブルは惑星マーニンカムにグリが居るとヤングに言い、ヤングはグリを追って、マーニンカムに向かった。グリは、パイク姉妹に盗まれたスランブルの医療ドロイドA-OICを取り戻し、スランブルに届ける為、マーニンカムに向かったのであった。グリがA-OICを取り戻し、ハードの月に帰る時、ヤングは彼女を見つけ出し追跡した。そしてハードの月でグリと対面し1対1でグリと戦う。ヤングは巨体と力強い利点を活かせば、グリに勝てると自信満々であった。しかし油断していた為、機敏なグリ相手には不利になってしまった。そして最後は油断したヤングの心臓をグリが拳で貫き、心臓を抉り取られたヤングは死んでしまった。

登場作品

  • Shadows of the Empire: Evolution

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki