FANDOM


「前回人質解放交渉に駆り出された時は、3週間牢に閉じこめられた」
―カーラス[出典]

カーラス(Kharrus)はグラン種族男性で、銀河共和国末期の元老院議員である。最高議長シーヴ・パルパティーンから信頼されていたカーラス議員は、しばしば共和国の代表として外交任務を任された。とある人質解放交渉に参加した際には、3週間ものあいだ牢獄に入れられるという不幸に見舞われた。クローン戦争中、共和国がハット・クランとの取り引きを試みた際、カーラスはオナコンダ・ファー議員とともにパルパティーン議長とジャバ・ザ・ハットの交渉を見守った。

戦争最初の年、カーラス議員は独立星系連合国家主席ドゥークー伯爵を捕まえたウィークウェイ海賊団、オナカー・ギャングとの交渉を任された。彼はクローン・コマンダーCC-5869(ストーン)率いるエスコート・チームやジャー・ジャー・ビンクス代議員とともに惑星フローラムへ向かい、海賊に100万クレジット相当のスパイスを渡してドゥークーの身柄を引き取ることになった。しかし、カーラスたちの乗るシャトルはフローラムの大気圏に到着したとたんに海賊船の攻撃を受けた。海賊団の裏切り者、ターク・ファルソの一派がスパイスを横取りして独り占めしようと企んだのである。カーラスはシャトルがドーシャー平原に不時着した際に命を落とし、任務の指揮権はビンクス代議員に引き継がれた。ビンクスはカーラスを埋葬して弔い、彼に敬意を表して交渉任務の代役を務めた。

登場作品

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。