FANDOM


CarbonFreezingRex-TC

カーボン凍結されるレックス

「何が始まるんだ、相棒?」
「お前はこれからカーボン凍結にかけられる」
ハン・ソロランド・カルリジアン[出典]

カーボン凍結(Carbon-freezing)は超強力なカーボナイトで高圧ガスなどの不安定な物質を閉じ込める工業テクノロジーである。通常、知覚種族などの生き物に対する使用は想定されていなかった。

概要

カーボン凍結はティバナガス等の不安定な物質を超強力なカーボナイトによって閉じ込め、安全な保管や運搬を可能にするテクノロジーである。惑星ベスピン採鉱都市クラウド・シティではカーボン凍結室と呼ばれる専用の施設と、ベスピン・モーターズ社製のカーボナイト保管リパルサー・スレッドを用いてカーボン凍結が行われていた。[1] この技術は知覚種族などの生き物に対する使用は想定されておらず、使えば命の保証はなかった。凍結時になずに済んだ場合、凍結された生き物は完全な冬眠状態になった。[2] また、惑星コルサントジェダイ・テンプルにもカーボン凍結用の施設があった。[3]

歴史

クローン戦争中の20 BBYジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーは、独立星系連合によって封鎖されている惑星ローラ・サユー潜入するため、部隊のメンバーをカーボン凍結にかけて冬眠状態にすることで、敵の生命反応スキャナーによる探知を免れるアイデアを思いついた。スカイウォーカーとクローン・トルーパーたちのカーボン凍結および解凍は成功に終わり、彼らは無事にローラ・サユーに潜り込むことができた。[3]

3 ABY、ベスピンのクラウド・シティを訪れたシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーは、カーボン凍結テクノロジーを用いてジェダイルーク・スカイウォーカーを凍結し、皇帝シーヴ・パルパティーンのもとへ連れて行こうと考えた。彼はクラウド・シティの執政官であるランド・カルリジアンに命じ、密輸業者ハン・ソロを実験台にしてカーボン凍結をテストさせた。ハンの凍結は成功したが、ルークはヴェイダーとの対決を生きのびて脱出し、凍結を免れた。[2] また、1年後にカーボナイトから解凍されたハン・ソロは、一時的に冬眠病と呼ばれる症状に陥った。[4]

登場エピソード

HanPopcicle

カーボン凍結されたハン・ソロ

参考資料

脚注

他言語版