FANDOM


「君がしぶとく生き延びてくれたお陰で、こうして種を明かせて嬉しいよ。私は君の灰の中から飛び立つ」
―カービン中佐[出典]

カービン(Karbin)はモン・カラマリ男性で、クローン戦争における活躍で知られる軍人。終戦間際、スターシップの墜落で重傷を負ったカービン中佐は、それ以来18年にわたって生命維持装置につながれた生活を送った。銀河帝国の時代、カービンはドクターサイロの強化手術によってサイボーグの体で蘇り、シス卿ダース・ヴェイダーの代替要員として戦闘訓練を受けた。サイロは独立星系連合グリーヴァス将軍を参考にカービンの体を改良し、4本のライトセーバーを使いこなす戦士として鍛え上げた。

0 ABY、ヴェイダーはシス・マスターである皇帝パルパティーンの秘密計画に感づき、サイロの研究基地を襲撃する。カービンはドクター・サイロのプロジェクトによって誕生したサイバネティックス戦士の1人としてヴェイダーを迎え撃ち、皇帝の前で戦闘技術を見せつけた。その後、カービンは皇帝からヴェイダーとの私闘を禁じられ、カシオ・タッグ大将軍の部下としてデス・スター破壊した反乱軍パイロットを捜索することになる。カービンは知らなかったが、反乱軍パイロットの正体は、ヴェイダーの実の息子であるルーク・スカイウォーカーだった。カービンは自分の任務の邪魔をするヴェイダーを排除するため、惑星ヴロガス・ヴァス暗黒卿を罠に嵌めたが、ライトセーバーの対決に敗れて命を落とす。

登場エピソード