FANDOM


カンジクラブ(Kanjiklub)はエンドアの戦いの30後に銀河系を股にかけて活動していた悪名高い犯罪組織。ナー・カンジ出身のタス・リーチが首領を務めた。技術面に精通していたライバル組織グアヴィアン・デス・ギャングとは対照的に、カンジクラブはナイフやブラスター、棍棒を用いた荒っぽい戦いを好むストリート・ファイターの集団だった。ハット奴隷に起源を持つカンジクラブは、アウター・リム・テリトリーで犯罪行為を展開した。

歴史

密輸業者ハン・ソロへの貸しを清算するため、リーチとその手下たちはグアヴィアン・デス・ギャングのメンバーと共にソロの貨物船エラヴァナ>に乗り込んだ。また、彼らはソロと共にいるお尋ね者、BB-8レイフィンの身柄を差し出すよう要求した。ソロとの戦いが始まろうとしていた時、レイが誤って猛獣ラスターを解き放ってしまったため、ギャングたちは惨劇に巻きこまれることになる。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。