FANDOM


カルルーン(Culroon)は惑星カルルーンIIIの原住民。

歴史

カルルーンは、惑星カルルーンIII出身の種族である。彼らには、暴力と紛争の長い歴史があった。彼らは常に部族間の争いをしていたため、宇宙旅行の技術が発展していなかったが、外部からやって来た商人との貿易は行っていた。カルルーンの男性クロフは、輸入したエネルギー兵器を使って紛争に終止符を打ち、民衆を統一した。

クロフの時代に、銀河帝国はカルルーンIIIの征服活動を開始した。帝国軍アーヴ将軍は、クロフと武器を交換するセレモニーを開き、カルルーンを服従させようと考えた。アーヴよりもカルルーンのことをよく知っていたマクシミリアン・ヴィアーズ中尉は、この惑星の歴史でそのようなセレモニーなど聞いたことがなかったため、軍隊の力を誇示する作戦の方が適切ではないかと考えた。

ヴィアーズの懸念は正しく、クロフは式典の最中にアーヴの補佐官であるジェファーズ大佐を殺害し、待機させていた戦士たちに攻撃の合図を送った。しかし彼らは、ヴィアーズ中尉の全地形対応装甲トランスポートによって撃退された。

登場作品

  • WEG icon2 "The Promotion of Lieutenant Veers"—The Star Wars Sourcebook
  • WEG icon2 "The Promotion of Lieutenant Veers"—Star Wars Sourcebook, Second Edition (再版)

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki