FANDOM


「信頼はたしかに希少で、だからこそ尊いものだが、与えなければけっして得られない」
―カルアン・イーマット[出典]

カルアン・イーマット(Caluan Ematt)は人間男性で、共和国再建のための同盟レジスタンスに仕えた将校である。クローン戦争終結した前後に生まれたイーマットは、銀河内戦中に中尉として反乱軍の特別偵察部隊シュライクスを率いていた。イーマットたちに与えられた任務は、反乱軍の新しい移動先や合流地点を見つけ、確認し、準備することだった。ヤヴィンの戦いの直後、シュライクスは惑星タナブ帝国保安局による襲撃を受けて壊滅した。唯一の生存者となったイーマットは、アウター・リム・テリトリーに位置する惑星シーアコンへ逃れた。イーマットはハン・ソロチューバッカの助けを借り、保安局のアレシア・ベック司令官やキャプティヴェイター率いる賞金稼ぎ攻撃を免れてシーアコンから脱出した。

銀河協定成立後、反乱軍の英雄レイア・オーガナ将軍ファースト・オーダーを監視するために私設軍隊レジスタンスを組織し、ベテラン兵士のイーマットもメンバーに加わった。地上軍少佐を務めたイーマットは、ファースト・オーダーとの紛争に臨む仲間たちを元気づけるため、オーガナ将軍の経験を後世に語り継ぐことが大切だと考えていた。そのため彼はオーガナの回顧録を作成しようとしていたPZ-4COに協力した。エンドアの戦いの30年後、イーマットは惑星ディカーにあるレジスタンス基地に配属されていた。彼は砂漠の惑星ジャクーで起きた事件をオーガナに報告し、ファースト・オーダーの超兵器スターキラー基地に対する攻撃作戦立案に参加した。レジスタンスはスターキラー基地の破壊に成功し、イーマットは基地の人員や帰還したパイロットたちと共に勝利を喜んだ。

制作の舞台裏

イーマットは「ジャーニー・トゥ・フォースの覚醒」シリーズの作品『おれたちの船って最高だぜ! ハン・ソロとチューバッカの冒険』と『反乱軍の危機を救え! レイア姫の冒険』(同日発売)で初登場を果たした。ネスレによって制作された前者のアニメ版『Smuggler's Run』ではキャラクターのファーストネームが明かされた。イーマットは映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』に登場し、アンドリュー・ジャックがキャラクターを演じた。

『反乱軍の危機を救え! レイア姫の冒険』ではイーマットのレジスタンスにおける階級が大佐と訳されている。

登場作品

参考資料

脚注

レジスタンス
主な人物 レイア・オーガナ将軍 - アミリン・ホルド - エロー・アスティ - カルアン・イーマット - ギアル・アクバー - ケイデル・コー・コニックス - コー・セラ - ジェシカ・パヴァ - スタトゥラ - タスリン・ブランス - テミン・ウェクスリー - ナイン・ナン - ペイジ・ティコ - ハーター・カロニア - ポー・ダメロン - ローズ・ティコ
組織 レジスタンス司令部 - レジスタンス情報部 - ドロイド・スパイ網 - 地上兵站部門
軍隊 宇宙軍艦隊司令部 - スターファイター部隊 - レジスタンス・パイロット - ブラック中隊 - ブルー中隊 - レッド中隊
地上軍レジスタンス・トルーパー
主な乗り物 MG-100スターフォートレスSF-17 - MC85スター・クルーザー - RZ-2 Aウイング - T-70 Xウイング - V-4X-Dスキー・スピーダー - ネビュロンC - ヴァクビオア級貨物フリゲート - バンカー・バスター - レジスタンス・トランスポート
関連項目 ディカー - レジスタンス基地 - クレイト - 冷戦
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。