FANDOM


「これはカラーニ。そなたの轍を踏むことなく敵を一掃するであろう」
―サンジェイ・ラッシュに対し、ドゥークー伯爵[出典]

カラーニ(Kalani)は独立星系連合に仕えたスーパー・タクティカル・ドロイドクローン戦争中、分離主義勢力ドロイド軍将軍を務めた。連合の指導者であるドゥークー伯爵はカラーニを惑星オンダロンへ派遣し、サンジェイ・ラッシュの統治に抵抗する反乱軍の撲滅作戦を任せた。しかし反乱軍はジェダイの助けを借りて首都イジズでテロ行為を繰り返し、オンダロン内戦に勝利する。ドゥークーはオンダロンを見捨て、カラーニに命じてラッシュ王を始末させた。

経歴

クローン戦争

オンダロン内戦

クローン戦争期、スーパー・タクティカル・ドロイドのカラーニ将軍独立星系連合バトル・ドロイド軍団に仕えていた。戦争中、インナー・リム惑星オンダロン内戦が勃発し、サンジェイ・ラッシュ打倒を目標に掲げるオンダロン反乱軍が発足した。独立星系連合の指導者であるドゥークー伯爵は分離主義者のラッシュ王を援助するためカラーニをオンダロンの首都イジズへ送りこんだ。

オンダロン近衛兵タンディン将軍はドゥークーが送りこんだタクティカル・ドロイドを快く思わなかった。タンディンは反乱軍の中心メンバーの名前(スティーラソウ・ゲレララックス・ボンテリ)を突き止めたが、カラーニには報告せず、ラッシュ王に直接伝えた。また、タンディンとカラーニは反乱軍への対処方法を巡って対立する。タンディンは反乱軍がバトル・ドロイドだけを標的にしていることに気付き、自分たち近衛兵が前線に立てば、和解の道も開けるだろうと考えていた。しかし、カラーニは和解など論外だと反論し、敵は徹底的に撲滅すべきだと主張した。ラッシュ王は2人の口論を制止し、反乱運動の激化を未然に阻止するため前王のラムシス・デンダップを公開処刑すると宣言した。

その夜、ソウ・ゲレラがデンダップを救うためユニファー寺院に潜入し、警備ドロイドに捕えられた。カラーニはソウを痛めつけたが、タンディンは貴重な情報源を殺してはならないという理由で拷問を中止させた。翌日、反乱軍がヨーラン広場で前王デンダップの救出を試みた際、タンディンはラッシュ王やカラーニを裏切り、反乱軍へ離反した。タンディンはジェダイパダワンアソーカ・タノの力を借りてカラーニのB2スーパー・バトル・ドロイド部隊から逃げ切った。

HMPGunshipsOnderon

HMPガンシップに指令を下すカラーニ

反乱軍はイジズ郊外の山岳地帯で最後の戦いに臨んだ。カラーニは新型兵器のHMPドロイド・ガンシップやバトル・ドロイドの歩兵隊を送り出したが、反乱軍はホンドー・オナカーから最新鋭のミサイル・ランチャーを受け取り、ガンシップを撃退する。ラッシュ王から敗北の報せを受けたドゥークー伯爵は、これ以上オンダロンに兵力を回す余裕はないと判断し、残っている部隊を惑星アガマーへ撤退させるようカラーニに命じた。ラッシュはドゥークーに抗議したが、カラーニは伯爵の指示に従いラッシュをブラスターで射殺した。

帝国時代

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料