FANDOM


この記事はシャドウ・ハンド作戦の戦いを扱っています。 あなたが探しているのは他の戦いかもしれません。


「早急に行動を起こさねばカラマリ星だけでなく反乱軍側の星系は全滅だ!」
ギアル・アクバー[出典]

カラマリの戦い(Battle of Calamari)は、10 ABYに発生した銀河帝国新共和国の戦いである。モン・カラマリの戦い(Battle of Mon Calamari)とも呼ばれる。復活した皇帝パルパティーンは、シャドウ・ハンド作戦の一環として、モン・カラマリ故郷で、新共和国の同盟惑星であるダックを攻撃した。帝国はこの戦いに新兵器ワールド・デヴァステイターを投入し、惑星に深刻な被害を与えた。新共和国は、ワールド・デヴァステイターの補助手動装置の暗号を手に入れ、この戦いに勝利する。

背景

エンドアの戦いんだ銀河帝国皇帝パルパティーンは、クローンの肉体を使って復活した。銀河系各地の帝国軍は、ディープ・コアの皇帝のもとに集結する。10 ABY皇帝が率いる帝国は、ディープ・コアの惑星ビィスから進撃を開始した。新共和国は、首都惑星のコルサントや、コア・ワールドの重要な星系を失い、再び反乱同盟軍時代のようなゲリラ戦に戻らざるを得なくなった。

新共和国を手助けしたモン・カラマリを罰するため、皇帝パルパティーンは新型兵器ワールド・デヴァステイターを惑星ダック(モン・カラマリ)に放った。デス・スター計画に携わったエンジニア、ユマック・レスが設計したワールド・デヴァステイターは、対象物を破壊・吸収して消化し、それらを材料に新しい戦争兵器を生み出す、強力な超兵器だった。パルパティーンは、モン・カラマリの戦いの最終段階を、<エクリプス>から直々に指揮しようと考えていたが、結局その機会を得ることができなかった。

戦闘

開戦

「アクバー提督はわれらを見捨てなかったぞ!援軍だ、援軍がやって来た!」
―モン・カラマリの兵士[出典]

皇帝の本拠地、ディープ・コアのビィスからやってきた帝国軍は、惑星モン・カラマリに攻撃を開始した。ワールド・デヴァステイター艦隊は惑星の地表へと降下し、造船所や浮遊都市、そしてそれらの防衛機能を吸収していった。モン・カラマリの防衛軍も反撃したが、帝国の勢力は絶望的なほどに彼らの力を上回っていた。ある戦場では、ガマック大尉が率いる第3バタリオンを残し、他のカラマリ兵士がものの1で全滅してしまった。彼らは新共和国の最高司令部(ダ・スーチャVピナクル基地で立て直されていた)に向けて、緊急メッセージを送信する。

SWRS (The Battle of Calamari)

ワールド・デヴァステイターを攻撃するVウイング

モン・モスマはピナクル基地で緊急会議を招集し、ギアル・アクバー提督やクリックス・メイディン将軍、ジャン・ドドンナらがモン・カラマリの窮状について話し合った。また、ドドンナたち同盟軍の古参兵からなる顧問グループ、白髪幹部会が彼らに助言を行った。アクバー提督は、モン・カラマリと同じくの惑星であるダ・スーチャに、カラマリの民を避難させることに決めた。ダ・スーチャに向かうMC80撤退用クルーザーをエスコートさせるため、アクバーはグリーンおよびブルー中隊を戦場に派遣する。ウェッジ・アンティリーズランド・カルリジアン両将軍は、新共和国の援軍を率いてモン・カラマリに到着した。ふたりはエンドアで敵から奪ったインペリアルI級スター・デストロイヤー、<エマンシペーター>に乗り込み、大量の軍艦(その中には、数少ないMC90スター・クルーザーの1隻、<モン・レモンダ>も含まれた)やエスコート・フリゲート艦、小型支援船の艦隊を指揮した。

しかし、ワールド・デヴァステイターが妨害されずに活動できるよう、帝国はスター・デストロイヤー艦隊でモン・カラマリを封鎖していた。ハイパースペースを抜けて惑星に到着した新共和国軍は、封鎖部隊と戦わなければならなかった。新共和国の<エマンシペーター>は、偏向シールドを使わずに通信中継に専念していた帝国のスーパー・スター・デストロイヤーアリージャンス>を破壊し、最小限の犠牲で封鎖を突破することに成功する。封鎖艦隊と宇宙戦を繰り広げながら、<エマンシペーター>はT-65 Xウイング・スターファイターVウイング・エアスピーダー中隊を惑星地表に送り出した。中隊はワールド・デヴァステイターに向けて急降下し、この新型兵器との戦闘に臨んだ。

この時点で、ワールド・デヴァステイターは新型戦闘機を作り出すために十分な資源を吸収していた。新共和国の戦闘機中隊は、ワールド・デヴァステイターの中から飛び出したTIE/D自動スターファイターA-Q5ウェーヴスキマーに驚かされた。新共和国の中隊は、敵の新型戦闘機に破壊されるか、あるいはワールド・デヴァステイターによって撃墜された。

<エマンシペーター>大破

「戦力の差は歴然としておる やつらに勝ち目はない」
タイタス・クレヴ司令官[出典]

ワールド・デヴァステイターの1隻は、新型戦闘機を次々と発進させながら、高度を上げて軌道の戦いに加わった。新共和国艦隊はワールド・デヴァステイターに砲撃を集中させようとしたが、間もなく、<エマンシペーター>はデヴァステイターの分子溶解炉に取り込まれてしまった。<エマンシペーター>が崩壊する中、カルリジアンはクルーたちに脱出ポッドに乗り込むよう命令した。最後の脱出ポッドに乗り込んだアンティリーズとカルリジアン、他の生存者たちは、旗艦がゆっくりと分解されていく様子を見守った。新共和国の艦隊は、敵に対する攻撃を維持し、脱出ポッドも回収することに苦労し、戦いの流れは帝国の優勢へと変わっていった。

Ewingfighter

ワールド・デヴァステイターと戦うEウイング

しかし、アンティリーズはピナクル基地から援軍がやって来るという報せを、脱出ポッドの中で受け取った。その後まもなく、エスコート用や救出用のフリゲート艦、そして新型のEウイング・エスコート・スターファイターなどからなる援軍が、モン・カラマリ上空の宇宙空間に出現した。応援部隊は帝国軍に猛攻撃を加えながら、何百という脱出ポッドをフリゲート艦へと収容する。また、ネイヴ中隊のEウイング・スターファイターは、惑星の大気圏内に降りてワールド・デヴァステイターと交戦した。戦闘中、ウェッジ・アンティリーズはローグ中隊を直接指揮した。ローグ中隊の一部は、Vウイング・エアスピーダーを使って小型のワールド・デヴァステイターを攻撃し、他のメンバーはXウイング・スターファイターで別方向からの攻撃を行った。ローグ中隊隊員は3隻のワールド・デヴァステイターと戦い、地上でモン・カラマリの都市を襲撃していたドロイドTIEファイターを破壊した。アンティリーズの要請を受けたカサン・モアは、Vウイングに乗り込み、数年ぶりに中隊とともに戦った。ローグ中隊は、“脚部”を破壊することで偏向シールドの弱点を突き、さらに3隻の小型版ワールド・デヴァステイターを破壊した。

Eウイング部隊はワールド・デヴァステイターの強力な防衛力を看破することができず、新型の戦闘機がいくつか失われることになった。しかし新共和国軍にとって幸運なことに、皇帝の弟子になることを選び、帝国の最高司令官になっていたルーク・スカイウォーカーが、ビィスでワールド・デヴァステイターの制御信号を手に入れていた。

結末

「さすがわが相棒 お前ならやると信じていたよ!」
―R2-D2に対し、C-3PO[出典]
AttackFromMonCalamari

ワールド・デヴァステイターを攻撃するコマンド部隊

スカイウォーカーがビィスで行った通信妨害により、カラマリでは3隻のワールド・デヴァステイターが失われた。<サイレンサー7>に乗っていた司令官、タイタス・クレヴも戦死する。ハン・ソロレイア・オーガナ・ソロサラ・ゼンドチューバッカC-3POたちがスカイウォーカー救出のためにビィスに駆け付けたが、皇帝を倒すつもりだったスカイウォーカーは、結局彼らに同行しなかった。ソロたちは、デヴァステイターの制御コードを記憶したR2-D2をスカイウォーカーから預かり、<ミレニアム・ファルコン>でビィスを脱出する。チューバッカはR2-D2と通信装置を接続し、モン・カラマリでは全てのワールド・デヴァステイターの動きが止まった。

ガマック率いる新共和国軍のシー・コマンドは、防御シールドとイオン砲が停止したデヴァステイターに直接攻撃を仕掛けた。彼らはアンフィビオン輸送船からデヴァステイターへと乗り込んだ。何とかして手を打つため、デヴァステイターは兵器工場を稼働し、A-Q5ウェーヴスキマーを発進させる。間もなく戦いの場はデヴァステイターの甲板へと移し、シー・コマンドはそこでストームトルーパーとの激しい銃撃戦に臨んだ。

一方、R2-D2はワールド・デヴァステイターを自由に操れる新しい制御コードを編み出した。ハン・ソロは、デヴァステイターと戦っていた奇襲部隊をすべて撤退させた。R2-D2がコードをデヴァステイターの制御コンピューターへと送信すると、デヴァステイターは同士討ちを始めた。激しい砲撃の末、ワールド・デヴァステイターはすべて撃沈し、モン・カラマリの戦いは新共和国の勝利に終わった。

登場作品

参考資料

  [Source]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。