FANDOM


「ジェダイ騎士団は甦る!」
―カム・ソルサー[出典]

カム・ソルサー[1]Kam Solusar)は人間男性で、ニュー・ジェダイ・オーダージェダイ・マスター旧共和国のジェダイ・マスター、ラニク・ソルサーの息子だった彼は、父親からフォースの訓練を受けていた。ジェダイの大粛清のさなかに父がシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーに殺されると、ソルサーは銀河帝国の追っ手から姿を隠すために長年孤独に暮らした。しかし彼はやがて皇帝パルパティーンダーク・ジェダイによって発見され、拷問を受けてフォースのダークサイドに誘惑された。ダークサイド・エリートのひとりになったソルサーは、惑星ヴジュンヴィル・ゴアからライトセーバー戦闘訓練を受けた。10 ABYジェダイ・ナイトルーク・スカイウォーカーは、惑星ネスピスVIIIでソルサーを発見する。ライトサイダーと呼ばれる古代のジェダイのゲームで敗北したソルサーは、ジェダイ・オーダーの再建を目指すスカイウォーカーの仲間になった。

このクローンの肉体で復活したパルパティーンが、新共和国シャドウ・ハンド作戦を展開していた。惑星オッサスでフォースの感応能力を持つイサナ一族に出会ったソルサーとスカイウォーカーは、ダーク・ジェダイのエグゼクターセドリス・QLとヴィル・ゴアに襲撃された。ソルサーはゴアを殺し、ウード・ブナーの助けでセドリスも破られた。新しいジェダイの仲間たちとともに、ソルサーはその後ニュー・オルデランやヴジュン、オンダロンでダーク・ジェダイや皇帝本人と戦った。オンダロンの戦いで皇帝に勝利した後、ソルサーは新共和国防衛軍将軍になった。

11 ABY、スカイウォーカーは衛星ヤヴィン4ジェダイ・プラキシウムを設立し、ソルサーはその初代メンバーになった。誕生したばかりのプラキシウムは、古代のシス卿エグザ・キューンの脅威にさらされる。ソルサーは他のジェダイ候補生たちと協力し、スカイウォーカーを守ってシスの霊を退けた。一人前のナイトに昇格し、オーダーのバトルマスターになったソルサーは、18 ABYティオンと結婚した。ユージャン・ヴォング銀河系侵略した時代、ソルサー夫妻はヤヴィン4に留まっていた。プラキシウムが侵略者とピース・ブリゲイド攻撃にさらされた際、ソルサーはタロン・カードが助けに駆け付けるまで、ジェダイの生徒たちを守った。その後、ソルサーはスカイウォーカーが形成したマスターズ・カウンシルのメンバーになった。

経歴

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』ではキャム・ソルサーの表記が使われている。

登場作品

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはカム・ソルサーに関する7枚の画像があります。

脚注

ジェダイ・プラキシウム第1期生
カム・ソルサー - ブラキス - コラン・ホーン - ガントリス - ストリーン
ドースク81 - キラナ・ティ - ティオン・ソルサー - カイル・カターン
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。