FANDOM


カドゥ(Kaadu)はミッド・リム惑星ナブーの沼地に生息したレプタヴィアン。2足歩行で俊敏に動き回り、持久力が高かった。ナブーの原住民グンガングランド・アーミーの騎兵用にカドゥを飼いならした。

生態と特徴

惑星ナブーに生息したカドゥは、爬虫類と鳥類の特徴を併せ持つレプタヴィアン・クリーチャーだった。カドゥはナブーの沼地に棲み、主に陸上で生活したが、中でも長時間活動できた。[2] カドゥは2本脚で、平均体高は2.2メートルだった。カドゥはカモのようなくちばしを持ち、翼はなかったが、長い脚と滑らかな皮のおかげで中でも素早く動き回ることができた。[3] 優れた聴力と嗅覚を備え、強靭で俊敏なクリーチャーだったカドゥは、背中にグンガンを乗せて走ることができた。[2] カドゥの雌は一度に6~8個のを生んだ。[3]

歴史

カドゥは乗用動物として何世紀もグンガンに親しまれていた。カドゥは強靭かつ俊敏で[2]、グンガンが飼育した動物の中でもっとも忠誠心が強かった。[3] グンガンは水中都市オータ・グンガ内の移動や、グランド・アーミーの騎兵用にカドゥを飼いならした。ナブーの戦いでは、カドゥにまたがった大勢のグンガンが大草原トレード・フェデレーションバトル・ドロイドと交戦した。[1]

グランド・アーミーのキャプテンルース・ターパルスは自分のカドゥを“スワンプトー”と呼び、レースの賞品である大きな羽飾りをつけていた。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注